ドイツグリム紀行13(3日目の夜)

トレンデルブルクの古城

%e3%82%b6%e3%83%90%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b0%e3%81%a8%e3%81%a8

img_7200

img_7201

img_7207ここはラプンツェルの塔がある古城ホテル、BURG TRENDELBURG。

もともとは14世紀にコンラッド三世によって建てられたお城で、1958年にホテルとして改装されたそうだ。ここも22部屋しかなく、私たちのツアーがほぼ独占状態。レストランでの夕食にはドイツの若いカップルの人たちもいた。お城のレストラン目あてにやってきたこの町と人たちかもしれない。

img_7203なんともロマンティックな雰囲気が漂っている。
お部屋の内装もメルヘンチック。

img_7216 img_7217 img_7221夕食はこの古城ホテルのレストランで。 わたしたちはレストラン内だが、テラスにも席があり、ドイツ人らしい人が夕食を食べている。 img_3553

img_3554

img_3557 img_3558パンには塩とオリーブオイル。

img_3561 img_3566メインのお肉の串焼きは、すぐそばで焼いてくれる。

img_3564

img_3569デザートまでのフルコース。もうお腹がいっぱい。

img_5886

img_5892

夜もすっかり更けてきた。
今日の朝はマールブルグで、ドイツの点字を見つけた。
赤ずきんの村、シュパルムシュタットに行って、「赤ずきん」の「ずきん」は私たちが思っていたものとちがっていることがわかった。
グリム兄弟が長く暮らしたカッセルの町にある最新設備のグリム博物館の見学、そして「いばら姫」のモデルとなったザババルグ城、夜は「ラプンツェル」のトレンデルブルクのお城。
よく歩き、よく食べ、よく見学した。実りの多い1日だった。