ドイツ グリム紀行 1

%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%b3%e8%a1%97%e9%81%93%ef%bc%91

毎年楽しみにしている松本侑子さんとの文学紀行。 今回はドイツ。グリム兄弟の世界を旅する。
旅行のパンフレットには、「作家松本侑子さんと行く旅 ドイツ メルヘン街道とグリム紀行」。長いのでこのブログは「グリム紀行」として旅を思い返してみよう。

img_3045

img_3057

ルフトハンザの大きな旅客機。フランクフルトまでの直行便。
11時間余の長旅だ。

img_3070

楽しみは機内食と新しい映画。 上の写真は出発して1時間半ぐらいの食事。

img_3068

一列10人の巨大な飛行機。 行きの時間を使って見た映画は次の3本、
①アベンジャーズシリーズの「キャプテン・アメリカ シヴィルウォー」
②スーパーマン対バットマン
③アリス・イン・ワンダーランド2

③のアリスは画面が美しいのと、前作のジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、そしてアリス役のミア・ワシコウスカと変わらないので安心して見ることができた。アリスのミア・ワシコウスカは前回のときに「へーっ、こんな女優さんがいるんだ」とちよっと驚いたけれど、魅力ある演技だった。アン・ハサウェイの王女様、ジョニー・デップのマッドハッターは、本人自身が楽しんでやっているような気分が伝わってくる映画だった。
②スーパーマン対バットマンは、 スーパーマンやバットマンよりも、ワンダーウーマンの魅力的なこと。ワンダーウーマンの登場でこの映画が成り立ったと思う。スーパーマンが死んでしまう場面で終わるなんて、次作がありますよ、お楽しみに〜と意図が丸見えのラスト。
③やっぱり面白かったのは、キャプテン・アメリカ。これはDVDをレンタルしてもう一度見ようと思った。ネタバレになるのでスーパーマン対バットマンのようなあらすじは書かないことにしょう。

img_3077 img_3082

メルカトル図法と正距方位図法の勉強になった大気圏コース。
地球は球体なので、最短距離は地図の図法によって見た感じが違ってくる。
まっすぐに北極寄りに飛んでいても、メルカトル図法では丸く飛んでいるように見える。学校で習った社会科の勉強を思い出す。

img_3085

着陸1時間半前の機内食。チキンor日本料理?と言われたので「Japanese」と応えると、こんな感じ。

img_3103img_3106 img_3111

フランクフルトに到着。
ブレーメンの音楽隊のポスターのお出迎え。

img_3110

時刻は午後7時。しかし外はまだまだ明るい。
北緯50度のフランクフルトは白夜なのだ。

img_3115

img_3117

ドイツ1日目のホテルは、グリム兄弟の生誕地・ハーナウにあるARCADIA HANAU。
午後8時をすぎてのチェックイン。外はまだ明るさが残っている。木々の間から月が見えた。明日から観光と勉強の旅が始まる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です