沖縄の6月 その8

艦砲ぬ喰ぇー残さー(かんぽーぬくぇーぬくさー)

IMG_2032

バスから見た宜野湾市役所。 玄関に大きな横看板。「健康都市 特定健診」の他に「普天間飛行場早期返還!オスプレイ配備反対! 政府は日米地位協定を抜本的に見直せ」と書かれている。政治と生活が密着している。

IMG_2023

IMG_2025

今回のツアーで多くの人の話を聞くことができた。
お聞きした話をここで逐一紹介することはしないが、戦争体験をはじめ、戦後の様々な分野での活動をされてきたきた人たちのお話は何ものにも代えがたい。あらためてこの場を借りて感謝と今後のご活躍を祈念したい。
ありがとうございました。

IMG_1764

こういった立て看板は沖縄でしか見られないものかもしれない。すぐそばに基地問題がある。

IMG_20160904_0001

IMG_20160904_0002

講演をお聞きした場で買った本。
石原さんの本「沖縄戦を語り継ぐ」の帯には次のように書かれている。
「七歳の少女は、ひとり生き残った。ー
もはや精魂尽き果て、泣く力も起き上がる力もなくなった私は、今度は私が死ぬ番。これでやっと死ねる、これで妹たちと一緒に母の待つところへゆける。早くゆかねば母が待っている。早くゆかねばと焦りながら、召されし妹たちの間で小さくなり、土につずくもった。(本文より)」
まさに「地獄からの魂の叫び」である。

「艦砲ぬ喰ぇー残さー(かんぽーぬくぇーぬくさー)」は、比嘉恒敏(ひがこうびん)さんの作詞作曲の歌。この歌の背景を詳しく取材した本。
私も今回のツアーの学習会で、「この歌をみんなで歌いますので、練習します」ということを聞いたのが、この歌とのはじめての出会い。

この本の作者、仲松昌次さんはこう書いている。

**********************

「艦砲ぬ喰ぇー残さー」、艦砲射撃の喰い残し、沖縄戦の激しい戦火から生き残った人間を、艦砲射撃が喰い残したもの、と表現する。
 アメリカ軍の猛烈な爆撃にさらられた沖縄、人々は「鉄の暴風」が吹き荒れたと言った。そして、その鉄の暴風からかろうじて生き残った者、生き残された者を艦砲射撃の喰い残し、「艦砲ぬ喰ぇー残さー」と、これまた強烈な言葉で表現する。
 その強い言葉が沖縄民謡のタイトルとなり、時代を超えて歌い継がれてきた。
 一番から五番までの歌の最後に繰り返されるフレーズ

 うんじゅん我わんにん
 いゃーん我にん
 艦砲ぬ喰ぇー残さー

 あなたもわたしも、おまえも俺も、艦砲の喰い残し
吹き荒れた鉄の暴風からも、艦砲射撃からもかろうじて生き残ったあなととわたし。

*********************
 

この本の紹介のためにネットを見ていると、この歌の歌碑のことを書いてあるブログを見つけた。

http://www.okinawa100.info/180/post-30.html

YouTubeに、この歌を作った比嘉さんの娘さんたちの歌声が紹介されている。

https://www.youtube.com/watch?v=yzQCYrm5ssg

この歌を私たちは沖縄についた日の講演会、そして辺野古に行った翌日の講演会で歌った。内容を知るたびに、歌に託された思いが伝わる。

この「艦砲ぬ喰ぇー残さー」の本で歌碑のことが紹介されている。私たちはこの歌碑まで見学することができなかったが、歌碑の除幕式に向けて練習していた中学校の様子が紹介されている。

「ウチナーグチの歌詞は今では、地元の子供達にも理解不能だ。・・・・・。
先生が一節一節の言葉の意味を解説する。ウチナーグチの独特な表現に、ときには生徒たちの笑い声も起きる。そして子どもたちが歌う。歌声にかぶせて先生の指示が飛ぶ。
「もっとテンポよく! 暗く歌わないで! これは、希望をつなぐ歌だから!」

悲惨な体験から生まれた歌、でもそれが地元の人達にとっては「希望をつなぐ歌」。
ここに沖縄に生きる人達の力強さを感じた。
そんな歌がこの「艦砲ぬ喰ぇー残さー」だ。