沖縄の6月 その4

6月23日の平和祈念公園 

IMG_1892

追悼式が終わった後の会場。ゆっくりと手を合わせる人があとをたたない。

IMG_1904

IMG_1896

IMG_1897 IMG_1899

向かって左に内閣総理大臣の献花、右に沖縄県知事の献花があった。IMG_4954

当日の報道では、

追悼式には首相のほか衆参両院議長、ケネディ駐日米大使ら4700人が出席。犠牲者の冥福を祈り、正午の時報に合わせて1分間の黙とうをささげた。

71年前のこの日は、沖縄戦の組織的戦闘が終結したとされ、沖縄県では休日となっている。犠牲者の名を刻んだ同公園内の「平和の礎(いしじ)」には、今年新たに84人が追加され、刻銘者数は計24万1414人となった。

というような記事がネットにあった。

平和祈念公園1

平和祈念公園は広い。その中にある幾つかの施設を見学した。

IMG_1871

IMG_4965

IMG_4966安倍首相が来るので、多くの警察官が沿道に整列している。 沖縄県警の白バイも止まっていた。安倍首相が退席するところが目の端にとまったが、黒い服の人たちの集団が動いていたのがわかった程度でどの人がだれとはわからなかった。 写真の灯台のような白い建物は、平和祈念堂。

IMG_4969 IMG_4973

IMG_4977

韓国人慰霊塔。石の小山は、韓国各地から集められた石を積み上げて出来ているという説明がかかれていた。

那覇市のホームページには次のような解説があった。

**************************************

平和祈念堂をバックにして建っている。石塚を中心に韓国の各地域から集められた石が並ぶ、塚の前の 円形広場にはさまよえる魂のために故国への方向を示す矢印がある。(注 慰霊碑の写真二枚目に矢印が見える)
朝鮮半島から強制的に連行されてきた人々はもっとも立場の弱かった。そのためもっとも危険にさらされ、かつ虐殺された人もいた。

【韓国人慰霊の塔碑文】
1941年太平洋戦争が勃発するや多くの韓国人青年達は日本の強制的徴募により大陸や南洋の各戦線に 配置された。この沖縄の地にも徴兵、徴用として動員された1万余名があらゆる艱難を強いられたあげく、あるいは戦死、あるいは虐殺されるなど惜しくも犠牲になった。祖国に帰り得ざる魂は、波高きこの地の虚空にさまよいながら雨になって降り風となって吹くだろう。
この孤独な霊魂を慰めるべく、われわれは全韓国民族の名においてこの塔を建て謹んで英霊の冥福を祈る。

願わくば安らかに眠られよ 1975年8月   韓国人慰霊塔建立委員会

**************************************

IMG_1887

 

子どもの絵画の作品は、このあと訪れた平和記念資料館で行われていた作品展で優良賞だったもの。韓国の子どもも日本の子どももアメリカの子どもも一緒に手をつないでいる。
沖縄の子どもの夢と希望なのだろう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です