青島・蘇州の旅 18

蘇州大学 日本語学部

IMG_1423

IMG_1427さて、ここ「外国語学院」とかかれた建物の中で、日本語学科の学生たちの日本語カラオケの決勝戦が行われる。

建物の入口を入ると、傘が開いた状態でならんで置いてある。日本のように傘立てというものがない。閉じて壁に立てかけておくという習慣もないのかなあと思う。

IMG_4429

予選を勝ち抜いてきた学生たちが、日本語の歌唱力をアピールするわけだ。ここまでは大学関係者の審査だったが、最後は私たち日本から来たメンバーで構成する審査団。どんな歌を中国の学生は歌うのだろうと興味津々。
左の写真はその審査団。

パソコンを活用してのカラオケだった。

IMG_1425

中国はネット社会なので、多様な情報が、もちろん日本のアニメやテレビも、手軽に入手できる。
日本語の歌を、日本語で歌うわけだから相当に興味がないとできない、と思う一方、自分たちも英語の歌を意味もわからずに歌ってみたり、英語を知らないけれども耳で覚えた歌を口ずさんだりした経験があることを思い出すと、歌と文化と言語はつながるなあと思った。上の写真の女子大生は、ネットでセーラー服を買ったそうだ。

学生たちの歌はほとんどがアニメの歌で、残念ながら私にはなじみのない曲ばかりだった。最後に昨年度の優秀者が飛び入りで歌った歌が「なごり雪」で、さすがこの曲には日本人参加者は思わず声を出して歌った。

この日本語カラオケ大会にはスポンサーがついていて、日本企業が電子辞書や電気ポットなどを商品として提供していた。日本企業との交渉は、日本語学科の大学生がしたというから立派なものだ。

IMG_1430日本語カラオケの後は、日本語講師の研究室を訪れた。
入り口には、
「外国語学院 日文系 日本語学院」
「外国語学院 朝鮮語(韓国語)系」
という二つのパネルがあった。

IMG_1432研究室の入口にあった、大学生が書いたと思われる歓迎のホワイトボード。なんとなく微笑ましい。

IMG_1434今回の蘇州訪問の取り組みで、日本の小説が約3000冊集められてこの研究室に寄贈した。写真がその一部。

IMG_1437

源氏物語関係の本は、私が寄贈したもの。

IMG_1439

中国の琴を練習している日本語学科の大学生。このあと日本語劇で演奏するらしい。

IMG_1442 ここは茶室。畳の匂いもすがすがしい。 時間の関係で、全員が大学生のお点前をあじわうことはできなかったが、日本人講師の人たちのがんばりがつたわってくる。
文化や芸術によって、日中交流がなされていることがよくわかる。

IMG_1452 IMG_1453

夕方のレセプション会場に向けて移動する。 大学は広いのでいくつも門があり、大学の横にも小さな運河がながれている。

IMG_1458

上の写真の大学の門のすぐ前にある喫茶店。
中国蘇州に来て、これまでみたこともない可愛いお店。
大学生が利用しているのだろう。
雨がやまないのが残念。レセプションも興味があるし、日本語劇も興味がある。
夕方を過ぎたが、まだ明るい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です