青島・蘇州の旅 16

蘇州城壁博物館

IMG_1379

今日も雨。バスに乗って蘇州大学に到着。バスの中から大学の門を撮す。

IMG_1381

緑の旗には、「日中友好 蘇州大学と交流する大阪府教職員の会」とかいてある。真ん中のマークは蘇州大学のロゴマークらしい。真ん中に見える二人の女の子が案内役をしてくれた蘇州大学日本語学科の学生さん。笑顔がかわいい。

学生たちは学校内の見学などを予定していたようだが、大雨のために予定を変更し、城壁博物館の見学を先にすることになった。

IMG_6790
大学の門を出ると、文字通り川のような運河。先日見た蘇州の環濠巡りの運河よりさらに大きい。雨に霞んで見えるのが蘇州城壁博物館。城壁にあった門を再現し、博物館にしている。

IMG_6796 IMG_6794

これが街の入口となった、城門と城壁かあ?!。
こんなに大きいものとは思っていなかった。

IMG_6799

環濠、運河で囲まれた蘇州の街のようすがよくわかる。

IMG_6812この部分は運河が二重になっていたところ。運河と城壁と城門で守られた蘇州の街が左側にあったのだろう。

IMG_6803

IMG_6807

いつの時代かは記録をしなかったのでよくわからないが、 人々が行き交っていたようすが想像できる。

IMG_6810 IMG_6811 IMG_6809

ジオラマで蘇州の町中での生活が再現されている。

呉音と漢音

地図で見ると旧市街地を囲む運河の大きさは、おおよそ2.5Km✕6Kmはありそう。(地図を見て概算したので、全く正確な数字ではないことを強調しておく)
蘇州の歴史を簡単に振り返ってみよう。

蘇州は古い歴史を持つ都市で、紀元前500年にさかのぼる。周囲1.5kmの小さな都を呉王の闔閭(こうりょ?)が、周囲16kmに拡張したと言われている。2500年以上も前のことになる。日本の弥生時代頃の話だ。
蘇州はもととは「姑蘇」という名称があり、「蘇州」という名がついたのは隋の時代(589年)で、蘇州という名前も1500年の歴史がある。

蘇州は過去に10度、大乱で消滅したかもしれない歴史を持つ。
元の時代の金兵の侵攻では三日三晩燃えたと伝えられる。
最後は清の時代の太平天国の乱(1851年)の頃である。
1941年から45年の間は、日本軍が占領していた。

さて日本と蘇州は漢字というところで、関係の深い歴史がある。
漢字辞典、漢和辞典の勉強をした時に、漢字のよみには「呉音」と「漢音」があると習ったことは覚えている。

日本には話し言葉はあったが、それを書き表す文字はなかった。話し言葉を書き表す方法として、中国の漢字を使ったわけだが、中国の漢字といっても時代によってその発音はちがっている。そして日本と中国とは海を隔てているため、日本に伝わってくるのも断続的で、地理的に近い対馬や九州の国々が交易などで利用しはじめ、それが日本全体に広がってきたのだろうと想像される。

最初に日本に漢字が伝わってきたのは中国の南北朝時代の頃(439年〜589年)のもので、南朝で使われている漢字、呉の地方のものである。それが後の漢字の音と区別されるために「呉音」と呼ばれるようになった。

呉音は、古くから日本語に溶け込んだ物の名前、仏教に関わりのある言葉に多い。
たとえば、
男は呉音では「ナン」、漢音では「ダン」
女は呉音では「ニョ」、漢音では「ジョ」
人は呉音では「ニン」、漢音では「ジン」
米は呉音では「マイ」、漢音では「ベイ」
京は呉音では「キャウ」、漢音では「ケイ」
なるほど、日本語になじみのある音が呉音にあることがわかる。

奈良時代に遣唐使や留学僧によって、長安から伝わってきたのが漢民族の標準語として受けとめられ、それが「漢音」と呼ばれるようになった。
こうして、日本語の中に呉音と漢音が共存することになったわけだ。

漢字の読みというところからも、日本と蘇州が深い関係にあったことがわかる。

IMG_6800

この博物館の展示場の入り口付近の天井には、古星図がえがかれていた。説明がなかったので、詳しいことは全くわからないが、日本の高松塚の星の壁画を連想した。

中国の星座の歴史は古く、3000年前にさかのぼるといわれている。

北極星を「天帝」として、ひとつの国家体制を形作っているそうだ。
蘇州にある「蘇州・石刻天文図」には1440の星が刻まれているそうだ。
また星座の数も多く、3世紀に整理された頃は300ほどの星座があり、現在の88星座と比べてみるとその数の多さにびっくりする。

古くから蘇州にいる人にとっては、この城壁博物館は過去の遺跡を再現したものではなく、全くの現代の建築物だが、私たちにとっては蘇州の歴史を概観するのには役に立った。

大学と運河の間には大きな道路がある。車の多い道路で、日本とは反対の右車線を走る車に注意しながら蘇州大学に戻る。

IMG_1406

蘇州大学ってどんな感じの大学ですか? 
北海道大学みたいなところだよ。
なるほど。広い。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です