青島・蘇州の旅 15

雨の蘇州見学 その4 松鶴楼(ソンホーロー)

松鶴楼めざすは松鶴楼というレストラン。 名前からして何か歴史がありそう。
蘇州の旧市街地のほぼ真ん中にある。

松鶴楼1左の写真が松鶴楼。
私のカメラには写っていなかったので、「上海ネットナビ」というホームページからとったもの。
松鶴楼(ソンホーロー)の歴史は古く、清の時代にさかのぼるという。1757年が創業で、乾隆帝が蘇州に訪れた時にこの松鶴楼でここの名物料理を食べたことが有名になっているそうだ。その名物料理とはどんなものだったのだろう。

http://www.shanghainavi.com/food/164/
夕食までにはまだ時間があったのでしばらくこの辺りを散歩した。

IMG_1349

近くにあったデパート。お客さんの姿があまり見えない。せっかくバーゲンをしているのに、店員さんが手持ち無沙汰な様子だった。

IMG_1352松鶴楼の前のお店では、映画のような中国服を着た二人の店員さんが、なにか出し物の用意をしているようだ。大道芸かな?と期待したが、準備が長くて私が見ているいる間にははじまらなかった。

IMG_1351喫茶店を探す。見つけたのが韓国系の喫茶店、COSTA COFFEE だった。

IMG_1353

IMG_1355中は日本でよくある喫茶店と同じ。
ひさびさ喫茶店でコーヒーを飲む。
地図を出して、このお店はどの辺りにあるのかを若い店員さんに聞く。英語で聞くと、意味はわかったようで指で示してくれた。お客さんにニコッとしてくれたらいいのになあ。

IMG_1360 IMG_1361 IMG_1358
最後の写真の料理がこの松鶴楼の名物料理。松鼠桂魚 (ソンシューグイユゥ)」 。

ネットで調べてみると、スズキに似た淡水魚の “ 甘酢あんかけ ” のような料理。尾びれを残し、背骨を取り、皮をクルリと外側にまく。白身にサイノメの切込みを入れて形をつくってこんがり揚げたものに甘酢あんをかけるという手間をかけた料理。
 松鼠というのは、中国語でリスということで、形がリスに似ているからということらしいが私にはよくわからない。 

IMG_1364この日には蘇州大学で日本語講師をしている人、していた人、また違う大学で日本語を教えている人が集まった。もちろんすべて日本人で、大阪の小中学校、高校で先生をしていた人たち。退職して、中国で日本語のネイティブとして日本語を教えている人たち。みんな元気そうだった。

左の写真は日本の高校の先生だった人。蘇州で写真のような服をあつらえて蘇州大学の教室に持って行くと、学生たちが着せてくれたそうだ。翌日大学に行くと会う人会う人が「ステキな服ですね」と声をかけてきてびっくりしたと話してくれた。学生たちが携帯でとった写真が1日で大学中に広まっていたということらしい。蘇州大学生の気質や情報化社会の様子が伝わってきておもしろい話だった。

 
 IMG_1518IMG_1372

蘇州でのホテル、マリオットホテルの夜と朝の全景。
このマリオットホテルで「点字」を発見した。

IMG_6787

エレベーターの中のボタン。数字1,2,3,、、の下に点字の記号で1,2,3、と書かれている。数字は万国共通のようだ。

IMG_6788

こちらはアルファベットでENとCLと書いてあるが、その下の点字もアルファベットのENとCLを表している。アルファベットの表示も万国共通だ。

IMG_1273

左の写真は、上と下の表示ボタンの下向きの部分を拡大したもの。

この点字は、点字アルファベットのDOWNでもないし、もちろん日本語点字の「下」でもない。
なんて書いてあるのか読めない。中国語の点字で「下へ行くためのボタン」の意味を表しているのだろう。

点字は各国で使われていて、点字で表している文字はその国によって定められている。
日本語の点字が読めるからといって、世界中の点字が読めるわけではない。英語の文字を表す点字とフランス語の文字を表す点字は、同じ点の配置でも読みは違う。ここは中国なので、数字やアルファベットは万国共通の点字で表すことができるが、中国語の言葉を表す点字をここでは使っているのだろうと想像される。

点字ブロック1中国での障がいを持った人への教育はどうなっているのだろう。それがこの訪中でわかればと思っていた。
夕食の時に、大学で教えている先生に、中国の障がいを持った子どもたちへの教育を聞いてみた。大学ではほとんど取り組まれていないそうだ。障がいを持った子どもの大学入学に努力をしたり、障がいをもった大人が教員として指導することも、その先生はほとんど聞かないと言っていた。

点字ブロック2

中国では歩道の点字ブロックを見ることもあり、ある程度のバリアフリーの政策は進んでいる様子は伺えた。
また中国では点字の本は多く出版されているという情報も聞いていたが、私がこの日までに「点字」を見たのはこのマリオットホテルが初めて。
これまで見学した施設やトイレ表示には、私が見た限りは「点字」はなかった。
アメリカ資本のマリオットホテルだからこそ、視覚障害の人たちへの配慮ができているのかもしれない。

さて、明日は蘇州大学の訪問。日本語を学ぶ学生たちって、どんな子どもたちなのだろう。興味が湧いてくる。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です