青島・蘇州の旅 1

ここは中国江蘇省蘇州市にある「蘇州大学」。 学生数約6万人。中国の中でも優秀な大学と評価されている。ここに日本語学科がある。そこを訪れた記録を書いておこうと思う。

IMG_1389

IMG_1385

20年前から大阪の教職員が、蘇州大学日本語学科の日本人講師として派遣され、大学や学生との交流が続いている。その日本人講師として私の友人が行っているので、機会を見ていつか訪れてみたいと思っていた。
派遣講師の取り組みが20週年を迎え、その記念行事が蘇州大学で行われるので、そのためのツアーが組まれた。折角の機会なので行ってみることにした。

その前半に、中国の世界遺産の見学も兼ねて青島に行く予定が組まれていた。
青島・蘇州の旅としてブログに書くことにした。

IMG_0979 IMG_0982

IMG_0980

ここは関西国際空港。

漢字、ハングル、アルファベットで書かれた行き先は「青島(チンタオ)」。
日本との時差1時間。
約2時間半で青島に行くことができるそうだ。私は初めて行くところ。

この日の関西国際空港はびっくりするほどの人数。手荷物検査に長蛇の列。
写真のように「保安検査通過までの待ち時間15分」という表示がはられていた。もちろんこの表示の後ろにはさらに多くの人が並んでいる。いったいどうしんだ?
中語や韓国などアジア諸国に帰る人の列、私たちのように日本を出発する人の列、こんなに並んだのは初めてだった。
日本も観光立国になったんだなあ・・・。

IMG_0973

IMG_3824

 

IMG_0986飛行機はANAのシェア便。

写真のように少し狭い。
TVモニターが座席にはついていなかった。

海外旅行の楽しみの一つ、新しい映画をお先に拝見、はできなかった。

IMG_0983

離陸して1時間ほどすると昼食が運ばれてきた。

エコノミークラスの食事としては定番。

でも驚いたのはナイフ・フォーク・スプーンが金属製だったこと。
ANAで日本発だからだろうか。

IMG_1553

上の写真は帰りの飛行機でうつしたもの。 帰りのANAには、シートにTVモニターがありマップも表示されていた。 帰りは上海空港からの飛行だったが、この地図で大阪・青島・上海の位置関係はわかる。こうしてみると案外近いのだなあと思う

IMG_0995青島流亭国際空港(ちんたおりゅうていこくさいくうこう)。
写真の空港風景は、北京オリンピックの時に改装されて現在のものになったそうだ。

IMG_0991

IMG_0990

IMG_0994さあやってきました。漢字の国。 見に見える文字のほとんどが漢字。
トイレの表示は男子も女子も同じ色だった。日本のように男子は青、女子は赤というのは少数派のように思える。
構内にあるマクドナルド。登録商標だからアルファベットの看板、でも漢字で「麦当労」とかいてある。これで「マクドナルド」と読むのかなあ。
空港を出るときに、スーツケースをもう一度レントゲン検査することにびっくり。
ここでも長い列ができた。
さてここからバスに乗って道教ゆかりの地へ出発する。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です