ザビエルと鶴亭

IMG_0715

ここは神戸市立博物館。

「鶴亭」の絵が特別展で展示されているので見に来た。
5月29日(日)までの展示。できるだけ早く、と思いながら結局は終わり間近に見に来るのはいつものこと。金曜日だったが、人もそれほど多くなかった。

IMG_0687

 

博物館ロビーに、上の写真のような今回の特別展のパネルが展示してある。
神戸市立博物館のホームページに、この特別展の紹介がある。
*************************************

その名は鶴亭(かくてい・1722~85)―長崎出身の黄檗僧、画家である彼は中国由来の美しく、おめでたい花鳥画(南蘋風(なんぴんふう)花鳥画)をかっこよくアレンジし、京都、大坂に初めてもたらして一大ブームを巻き起こしました。また、黄檗僧が得意とした水墨花木図も数多く手がけました。憧れの地・長崎からやってきた鶴亭は、唐(から)の香りをまとう羨望の的。かっこいい花鳥画=「花鳥画(かっちょいいが)」を生み出す鶴亭に、伊藤若冲も大きな刺激を受け、池大雅も深い交友を持つなど、京坂の画家に与えた影響ははかりしれません。
 本展は歿後230年を経て、鶴亭の画業と生涯に迫る初めての回顧展です。鮮やかな色彩と豊かな表情の鳥が魅力的な著色花鳥画、大胆かつ冴えわたる筆遣いの水墨花木図からなる、鶴亭の「花鳥画(かっちょいいが)」76件(うち初公開45件!)を展観します。あわせて、鶴亭が学んだ黄檗絵画や南蘋風花鳥画、同時代に活躍した池大雅、伊藤若冲、曾我蕭白や、鶴亭の弟子たちの作品もご紹介します。約120件の出品作品を通して、若冲、大雅も憧れた鶴亭の画業の全貌と生涯に迫ります。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/tokuten/2016_1kakutei.html

*************************************

鶴亭(1722〜1785)、
若冲(1716〜1800)、
池大雅(1723〜1776)、
この3人が同時代の人達だったとは知らなかった。
徳川将軍で言えば、吉宗(1716〜1745)、家重(1745〜1760)、家治(1760〜1786)の頃になる。江戸時代の中頃、安定期の頃だと思う。

このポスターの鮮やかなブルーと牡丹のピンク、そして鶴の姿に惹かれて特別展に来た人は多いと思う。私もその一人。
残念なことにこの絵はない。
このポスターの絵は、上に紹介した神戸市立博物館のホームページをみれば、
「竹鶴図(たけつるず)」のタンチョウヅルと「牡丹綬帯鳥図(ぼたんじゅたいちょうず)」の牡丹を使ってデザインしてあるのだ。目の覚めるようなブルーの絵はなかった。グラフィックデザイナーの鶴亭への挑戦かもしれない。
それはそうと、これほどの水墨画、花鳥画を見ることは私は今までになかった。水墨画といえば雪舟とか、人気の若冲といった程度の知識しかなかったが、日本画の流れや魅力にふれることができた。
館内の照明を落としてあるのとガラス越しなので、図録にあるような細やかなところを詳しく見るのはむずかしい。単眼鏡をもって見ている人が何人かみうけた。私もこういう機会があったら家にある双眼鏡を持ってこようと思った。

IMG_0689

「鶴亭」もすばらしかったが、同時開催の常設展、「南蛮美術・古地図企画展 西洋との出会い」が、私にとっては必見のものだった。

教科書で見たザビエルがここに

ここに「フランシスコ・ザビエル」と「クアトロ・ラガッツィ」があったのだ。

IMG_20160514_0001

 

これは1階のショップで買ったクリアファイル。
社会科の教科書でお馴染みの「フランシスコ・ザビエル」の絵だ。
この絵が神戸市立博物館に収蔵されている。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin_new/402.html

詳しい解説は上記のホームページに。

IMG_8860

大きさは61.0cm✕48.7cm、重要文化財の貴重な逸品。
フランシスコ・ザビエルはこんな顔じゃなかったという声も最近聞かれるが、肖像画ではないのだからそれは許されるべきものだと思う。
左はポルトガルで見たフランシスコ・ザビエルの像。
確かにその姿はちがっているが、500年以上も前の歴史上の人物。
極東の日本と、ヨーロッパ最西端のポルトガルに同一人物の絵や像があるだけでもすごいことだ。
教科書で見るだけだった「フランシスコ・ザビエル」の肖像の本物がここにあるというだけでうれしくなる。
さらにもうひとつ、

IMG_20160514_0003

 

IMG_20160320_0001

 

これもショップで買ったクリアファイル。 なんと「ポルトガル紀行」のブログで紹介した、若桑みどりさんの「クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国」の本の表紙にある南蛮船だ。

この南蛮船が描かれている屏風の現物、本物がここ神戸市立博物館にあったのだ。
ブログでこの本を紹介した時に、「狩野内膳 南蛮屏風」(神戸市立博物館)と出典を書いておいたが、本物をみることができるとは予想もしていなかった。
博物館の説明には、「スペイン、ポルトガルとの交易の様子を描いた南蛮屏風は16世紀末から17世紀半ばを中心に制作されました。狩野内膳(1570〜1616)の作品は、抜群の描写力と鮮やかな色彩で、90件以上確認されている南蛮屏風のなかでも傑出しています。」とある。
この南蛮船の他に、「クアトロ・ラガッツィ」の表紙見返しにある地図、テイセラ日本図(本にはテイシュイラとなっているが、博物館の資料はテイセラ)、A.オルテリウス編「世界の舞台」の世界地図も展示されていた。

IMG_20160320_0005

IMG_20160320_0004

このほかにも、地球儀や古地図が展示されていた。地図は全てで10件もあり16世紀、1500年代の人々の世界観や日本への認識を知ることがてきて、大変興味深かった。

「鶴亭」の絵を見ることが目的だった神戸市立博物館の特別展だったが、たまたま企画展「南蛮美術・古地図企画展 西洋との出会い」とが同時開催だったのは、私にとっては願ってもない偶然だった。

「鶴亭」も「フランシスコ・ザビエル」どちらも5月29日まで。
まだ見たことのない人は、この機会に是非どうぞ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です