懐かしの給食レシピ 55

タンドリーチキン(「おうちで作る給食レシピ」より)

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。 そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。 レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。

今回は、「おうちで作る給食レシピ」BOOKのレシピをもとにして作った。

IMG_20160502_0001

何回も書いているが、このレシピの分量は小学校の子どもたちの4人分。
大人の分量としては少ないので、そのことを考えて材料を揃えよう。

IMG_0402

今回は二人分の料理を作ったので、だいたいレシピ通りの分量でやってみた。

もも肉の皮なしを200グラムを一口大に切る。
ニンニクは1かけをみじん切り。
ヨーグルトは無糖のものを用意。
カレー粉がなかったので、カレールーを削ってみた。
塩、ケチャップはレシピどおり。

IMG_0404 IMG_0406

ニンニク、ヨーグルト、カレー粉などを混ぜあわせて、鶏肉に下味をつける。
冷蔵庫に約1時間程度いれておいた。

IMG_0409

クッキングシートにならべる。

オーブンの使うことにした。
220度で余熱をする。

15分から20分とレシピにあるので、
10分ぐらいから焼き上がりを見ながら時間を調整する。
焼き過ぎると黒くなったり、焦げるのでここは注意する。

IMG_0410

はいできあがり。

写真は、18分ぐらいで焼き上がりとした。
途中で、味見をしながら焼き上がりを判断。
それでも、少し焦げているところがある。それは個人とその家庭のお好みで仕上がり状態を決めるしかない。

IMG_0413

これは、レシピの分量で作ったものを二人分に分けたもの。
付け合せは、絹さやの卵とじ、レタスの上にならべてみた。

中までジューシーで、結構なお味でした。
子どもたちの給食といえども、ばかにしてはいけない味付けと仕上がりでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です