ココロの盲点

IMG_20160420_0003

この本は私の後ろに30人の人が待っているという、人気の本。

本屋さんで立ち読みして、面白かったので図書館に予約を入れて一ヶ月以上待った本。

読もうと思ったのは、次のような文章があったからだ。

◯車の運転手の69%が自分を「平均よりも運転がうまい」と評価しています。

◯高校生の70%が「自分の指導力は同級生たちに比べて平均以上だ」と答えます。

◯大学教授の94%が「自分は同僚の教授よりも優れている」と答えます。

それは、本の「19 自己採点」というところに書かれていた。
内容を私の理解で書いてみると、

「あなたは公平に振舞っていますか。もちろん人間である以上いつも公平であるのは難しいことです。周囲に八つ当たりしたりすることもあるでしょう。一方、この世は理不尽です。平等とは名ばかり、差別やいじめ、悪いニュースが後をたちません。
そんな世の中で、あなたは「世間の平均』に比べて、それなりに公平にふるまっているほうでしょうか。そんなアンケートをとると、次のどちらが多いと思いますか。

①自分は世間の平均より公平に振舞っている。

②自分は世間の平均より不公平に振舞っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正解は、「ほぼ100%の人が①と答えます」。

解説を見ると、「ヒトは自分のことを不公平だと考えていないのです。これは『平均以上効果』と呼ばれています。・・・・・人は自分を正しく評価できないだけでなく、勘違いして『平均よりよい』とみなすあたりに、なんとも愛嬌があります。
しかし、この傾向には注意も必要です。誰も自分を「不公平な人間だ」と思っていないからこそ、社会から差別やいじめがなくならないのですから」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんとも含蓄の深い解説がある。人間を人間たらしめている脳、それには癖があるーそれは「認知バイアス」。それについての本なのである。

目次をみると、

1.愛をとるか、金をとるか    2.ほら! やっぱり    
3.オシャレしたい        4.体重が気になる
5.やばい、遅刻しそう      6.こどわりの店
7.スピード暗算         8.迷作公開
9.魔性の女           10.だれか助けて
・・・
などなど30項目の話題が提供されている。

その中からもうひとつ紹介してみよう。

12 ペットのしつけ
鳩の実験です。ブザーが鳴ったらスイッチを押せばエサが出る。
そんな装置に鳩を入れてみると、鳩は正しいタイミングでスイッチを押して、エサを得ることができるようになります。

そこで、音やスイッチとは関係なく、あるとき突然エサが出るような仕掛けにしてみました。さて、鳩はどうしたでしょうか。
①じっとエサを待った。
②不思議な踊りをした。

さあ、どうしたもんじゃろなあ。
私は、パブロフの条件反射から考えて、スイッチを押しても押さなくても餌が出ることがわかった鳩は、何もしなくてもエサが出てくることを学習して、①と思った。

さて、正答は?

②不思議な踊りをした。
突然エサが出ると、鳩には因果関係がわかりません。原因がわからない時は、「法則」を探したくなるのが脳です。
たまたまエサがでたときにとっていた姿勢が、エサを得た理由だと勘違いし、その時の姿勢を繰り返すようになります。
実際に実験をすると、クルクル回ったり、頭を振ったりと、鳩によって様々な「儀式」を行うようになりました。
脳は数少ない経験でも、法則化しがちです。偶然の出来事が二三回重なったら、「次もきっと・・・」と一般化したい感情を抑えるのはむずかしいものです。これが「迷信」が生まれる理由です。・・・・・・(略)・・・・
慣例はなかなか消えにくいものです。これを消去抵抗といいます。この傾向が確証バイアスによって促進されると、さらに強い信念へと発展します。
ジンクスや厄年といった社会的信念もこの原理によるものです。

「へーっ、鳩も脳によって、偶然の出来事から法則を導き出そうとし、次を予想しようとするのか。」と私は関心した。

社会的なものの見方は、見たままに、聞いたままに理解し、判断していると思ったら大違い、脳の癖が人間の理解の仕方にバイアスを与えていることが多いことにびっくりした。

IMG_20160420_0004

この本の面白いのは、一番最後に「認知バイアスの代表的なものー
183個」がリストアップされていることだ。

このリストを見てみると、「えーっ、こんなにも脳にはくせがあるものか」と思ってしまう。

本の後書きに、著者の池谷裕二さんが書かれている。

「胸に手を当てながら、素直にこのリストを眺めると、図星を指される項目も多く、自然に胸が疼きます。でも、落ち込む必要も、恥ずかしがる必要もありません。それが脳の仕様なのですから。
人はみな偏屈です。脳のクセを知れば知るほど、自分に対しても他人に対しても優しくなれます。それがこの本の狙いです。」

優しく読めて、しかも内容はたっぷりで、この本は人におすすめできる本だと思う。

*「自分では気づかない ココロの盲点」著・池谷裕二 (朝日出版社)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です