ポルトガル紀行 4

二日目③
 スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ②

IMG_0585

この人が聖ヤコブ。頭の後ろにホタテ貝、手に持った杖にはこれもシンボルのひょうたんがついている。
聖ヤコブ像の後ろは回廊になっていて、信者(観光客も)が聖ヤコブ像にふれることができる。 階段はすり減っていて、いかに多くの人たちが訪れたかを想像させる。写真は禁止だった。 正面からの写真を拡大してみると、人の姿が写っている。

聖ヤコブ2

この香炉というのが有名だそうだ。重さ80kg、高さ1.6mもある大きなもの。儀式の時に8人の男性で動かすそうだ。現在では観光客でも有料で動かすことができるという説明があった。
Youtubeにその様子が紹介されている。

https://www.youtube.com/watch?v=iF7WyoqvJG0

IMG_8185

おみやげ屋さんにも、この香炉がディスプレイされていた。

そもそもこの香炉は何のためにあるのか。
ガイドさんの説明によると、巡礼者のためにあるという。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼はフランス各地からピレネー山脈を越え、スペインの北部を経由して、サンティアゴ・デ・コンポステーラに至る800kmを越える巡礼である。1日20〜30km歩いて一月はかかるというもので、今では信者さんだけでなく、観光ツアーのような体験もあるようだ。年間20数万人の人たちがこの巡礼に参加しているという。

一月以上の長旅を終えた巡礼者は身体も汚れ、臭気もすごく、そのために大きな香炉でその臭いを消す役割を果たしたのが、この香炉だという。またこの香にはペストなどの伝染病や病気を予防すると信じられていたらしい。

IMG_0626

パイプオルガンはイベリア式といって、管が横に突き出している。

IMG_0652

これは2004年まで聖ヤコブ像がつけていたマント。金銀宝石がいっぱい。

IMG_0563

ここは「聖なる門」。この門をくぐったものは、すべての罪が贖罪されるという。
限られた時にしか開けられない門だが、私たち訪れた時には開いていた。これで私たちの罪も贖罪された?

IMG_0660

IMG_0668

何となく東洋的というかアジア的な雰囲気のある建物。

IMG_8152 IMG_0549

大聖堂前の広場や町の広場にある噴水前も静かな雰囲気。儀式のある日には沢山の人が訪れるのだろう。

IMG_8184

IMG_0705

大聖堂の前の広場に日産の車が展示されているのには驚いた。
郵便ポストは黄色。スペインのポストは黄色だったことを思い出した。

IMG_8187

おみやげ物屋さんにあった、巡礼グッズ。
杖に、ホタテ貝とひょうたんがついている。

ひょうたんって、スペインにあったの?という疑問がわく。
調べてみると原産地はアフリカで、世界最古の栽培植物だとわかった。
人類の移動とともに、世界中に広がったのかもしれない。

ホタテ貝も寒いところに生息するはずと思って調べると、この辺は北緯40度付近。日本で言えば秋田市や盛岡市付近。東北地方の三陸海岸以北が漁業として成り立つそうだから、なるほどとうなずく。

IMG_8115

三陸海岸といえばリアス式海岸。
このリアス式海岸と言う名称の発祥の地がここガリシア地方で多く見られる入江。
ガリシア語などで「入江」を意味する単語リアから来ているという説明があった。
ちなみに私はリアス式海岸と習ったが、今はリアス海岸というそうだ。そのリアス海岸を見てホテルに向かう。

IMG_8201

IMG_8229

壁には壁画のあとが残っているレストラン会場。 IMG_8203 IMG_8204

IMG_8206

アスパラガスのスープ、パン、
サーモンえびクリームソース、温野菜、
デザートはレアチーズケーキ。

コーヒーは部屋で飲むことができるのでオーダーはしなかった。
壁には暖炉があり、薪が燃えていた。

曇り、雨の日が続く。明日はスカッとした青空を拝めるのだろうかと思いながら部屋に戻る。
明日はポルト市内観光、コインブラ大学の見学。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です