ポルトガル紀行 2

ポルトガル二日目① 

IMG_8106

IMG_8103

ホテルと窓から見た様子と朝食のレストラン。落ち着いた雰囲気。

スペインにある サンティアゴ・デ・コンポステーラ

マップ1

観光の初日はバスに乗って国境を超えて、スペインにあるサンティアゴ・デ・コンポステーラへ。
ここはキリスト教三大聖地のうちの一つ。
と言われても、私は知らなかった。
エルサレム、バチカンと並ぶ三大巡礼地の一つだそうだ。

IMG_8111

IMG_8116

IMG_8124

国境の川を渡る。パスボートを持ってきたが見せる必要はなかった。
EUは自由に行き来できることを実感する。
スペインに入って、ドライブインで休憩。 さっそくスペインでお馴染みのコーヒーを飲む。現地の人が飲むコーヒーは現地で飲むのが一番美味しい。

IMG_8130

ここは「歓びの丘」。巡礼の最後の目的地である「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」にあるカテドラルが、長い巡礼のあとにやっと見える丘。だから「歓びの丘」。そこには巡礼者のモニュメントがあった。

IMG_8136

なんとも巨大な巡礼者。巡礼者の行く手にはこのカテドラルが見えている。 IMG_0532

現在は修復工事中のため、全体の姿が見えない。カタログではこんな写真がある。

ポルトガルサンティエゴ

この「歓びの丘」には、日本とスペインの友好のモニュメントもあった。 IMG_8133

IMG_8132

これは日本とスペインの交流400年を記念に作られた記念碑。
この400年というのは次のような歴史があるからだ。
1613年に日本を出発した支倉常長らの「慶長遣欧使節団」がスペインに到着したのが、1614年。
そのことを記念して2013年6月から2014年7月までを「日本スペイン交流400周年」としてさまざまな記念行事が行なわれた。その一環でこの記念碑がつくられたそうだ。
私は「天正遣欧少年使節団」のことしか頭になかったが、そうか支倉常長らの「慶長遣欧使節団」もあったのだ。
この経過を知ったのは、日本に帰ってから。現地でもう少し詳しい話を聞きたかった。

巡礼者は歩いて「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」のカテドラルに行くのだが、私たちはバスに乗って。雨も少し降り、曇りがちのバス巡礼。

IMG_8140

IMG_8141

IMG_8148

この日は日曜日。お天気も悪い。サンティアゴ・デ・コンポステーラの街は静かで、観光客の姿も見えない。

243kmのバスの旅。もうお昼、12時前になっている。