スペイン「カルメン」紀行25

あたらめてカルメンについて

IMG_20151204_0001このツアーで松本侑子さんに質問したことがある。

「スペインで歌劇カルメンが上演される時は、スペイン語で上演されるのですか?」

松本侑子さんの返事は「フランス語です」。

その時に聞いたお話の内容が、「ヨーロッパ物語紀行」にこんなふうに書かれている。

**************

スペインの人に「スペインの物語といえば『カルメン』を知っています」などと口にすると、無知な東洋人だと秘かに軽蔑されるかもしれない。
 舞台はアンダルシアでも、フランス人がフランス語で書いたフランス文学だからだ。オペラにいたっては、台本を書いたR・アレヴィとH・メイヤック、作曲家ビゼーもすべてフランス人。ビゼーは一度もスペインに行かずに、スペイン的とされる旋律を作ったのだ。作者のメリメはスペインへ二度、旅をしているが、いずれにしてもこれは「フランダースの犬」と同じように外国人が書いた小説だ。
 もっと厄介なことに、ホセはバスク人、カルメンは流浪の民だ。しかもホセの母国語はバスク語、カルメンはロマーノ語で、主な登場人物は、スペイン語を話すスペイン人でさえないのだ。
・・・・・・・・・・・略・・・・・・・・・・・

スペイン人にしてみれば、侵略国フランスの役人メリメが、スペインとは言語も文化もちがうバスク人の山賊とロムの女の殺傷沙汰を、人から聞いて書いた外国文学が『カルメン』だ。スペインには、ほかに優れた古典、名作があるにもかかわらず、これがもっとも有名な物語として世界中に流布していることに対して、微妙な心情があることだろう。
 また、バスク人とロムは長らく差別されてきた人々だ。被差別者の男と女が不道徳で犯罪の匂いのする色恋沙汰をする設定そのものに、今の考え方かるすると、政治的な公平性(PC)の観点からの批評も生じるだろう。
 『カルメン』は、スペイン人、バスク人、ロムの三者それぞれを複雑な心境にさせる物語なのだ。どこの国にも、マイノリティとされる人々の問題はあるが、それが『カルメン』には集約的にあらわれているからだ。

**********************************

原作本の「カルメン」には文庫本では二種類の本がある。 IMG_20151119_0002IMG_20151204_0001 - バージョン 2

「カルメン」の第4章には、カルメンとは直接関係のない、作者が調べたことを読者に教えるような文章が10数ページ書かれている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ボヘミヤン、ヒタノス、ジプシー、チゴイネルなどの名で知られ、ヨーロッパ全体に散在している御承知 の放浪民族が、今日なお多数に存在する国の一つはスペインである。多くは南部および東部の諸州、すな わちアンダルシア、エストレマドゥラおよびムルシア王国に住んで、というよりは、放浪生活を送ってい る。カタルーニャにも相当たくさんいる。このカタルーニャの連中はたびたび国境を越えてフランスへや って来る。南仏で市の立つ場所では、いたるところ、この連中を見かける・・・・・」
(岩波文庫より)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在であったら、本の編集者などが、「あとがき」としてこの記述についての解説を書いているだろうと思われる内容の文章が続いている。
残念ながら上の二冊の文庫本にはそのような解説はのっていない。

私がこのスペインへの旅行に行きたかった理由の一つが「ジプシー」のことだった。
10数年ぐらい前からだろうか、「ジプシーという言葉は使ってはいけない言葉だ」とか「ジプシーという言葉よりロマと言う言葉のほうがいい」とか「ロマと言う言葉は彼らの言葉で人間という意味だ」というような論調の評論を読んだことがあるからだ。
そう言われているのならそのほうがいいのだろう、というあまり自覚のない根拠で、「ジプシーよりもロマと言い換える方がいい」と思ってそうしてきた。

スペインへ行く機会に現地の様子を見てみたい、できたら何かスペインでの知識を得たい、そんな気持ちがあった。
松本侑子さんの本には、きっちりとそのあたりを押さえた記述があった。

****************************

「メリメの書く「ボヘミア』とは、流浪の民、英語でいうジプシーだ。もっとも最近は、ジプシーという言葉は使われなくなっている。
 というのもこれはジプシー以外の人がつけた呼称であり、本人たちが呼びならわした名称ではないからだ。そもそもエジプト出身説は誤りで、古い時代にインドを出た人々だと今ではわかっている。また最近は放浪しているわけではなく定住者が増えている。さらにスペイン語ではヒターノ、ジプシーの話すロマーノ語ではロム(複数形はロマ)という言葉があるため、昨今は、ヒターノ、もしくはロム、ロマと称されることが多いようだ。

***************************

ジプシーという言葉は、周りの人々の呼び名だったのだ。それは差別的な響きを伴い、差別の意図を持って使われてきたからその名前を拒否する人が出てくるのも当然だと思う。その結果ロマやロムと言う言葉を選び、使うような運動も起こってきたのだろう。このツアーを前後して何冊かの本、ビデオ見た。そこでわかったことは、

1.ジプシーという言葉は外から与えられた言葉で、その言葉を嫌う人たちは、ジプシーよりもロマを使うほうが良いと世界に訴えている。また逆に誇りを持ってジプシーということばを自分たちのミュージックグループ名にしたり、ジプシー音楽として広めている人達もいる。
2.ジプシーと言われて人たちは多様で、肌の色も髪の色も眼の色も宗教もひとくくりにできるものではない。私たちはこれまでの「ジプシー観」に規定されて見ていることが多い。
3.第二次世界大戦で、ナチスドイツは多くのジプシーの人達を虐殺している。その数はユダヤの人たちよりも多い言う説もある。ただジプシーの人たちはそのことを、ユダヤの人たちのように世界に訴えなかった。だから私のようにそのことを知らない人が多い。

IMG_20151227_0001

私が読んだ本で、手に入れやすくて新しい資料と作者の体験・経験を読みやすくまとめてあると感じたのが左の「ジプシーを訪ねて」(岩波新書 関口義人著)

ジプシーの研究は現在急速に進んでいる。起源についても様々な説があるようだがこの本でも詳しく取り上げられている。ただ現在進行形のものも多くあるので断定することは控えていると思う。たとえば起源についは、

「1990年代末から一気に進んだヒンディ、サンスクリットとロマニとの密接な関連性の研究は、ジプシーのインド起源を示唆する、というより、その言語ロマニが確実にアジア系のそれであること、もっと厳密には、南アジア系の言語であることを立証するにいたっている。無論、だからといって彼らがインド起源であるといえるのか、そうは言えない。しかし同様に、そうではないとは『なおさら』言えないのである」。

IMG_20151227_0002

 プログてお世話になっている風見鶏さんのお知り合いの人から映画「パプーシャの黒い瞳」を紹介してもらった。その映画上映を記念して日本で作られた本が左の「パプーシャ その詩の世界」(発行ムヴィオラ)。谷川俊太郎さんの寄稿やジプシーについての歴史的な論文ものせられている。(フィツォフスキー著「ポーランドにおけるジプシー 歴史と習俗」)

映画はビデオになっている。そのビデオも風見鶏さんのお知り合いを通じて見ることができた。

映画はモノクロで、1910年ごろから1971年ごろまでの実在したパプーシャという女性の人生がテーマになっている。
古いジプシーの人達の生活ぶりや周りの人達の様子が丁寧に描かれている。
文字を持たないジプシーの中で、パプーシャは文字を習い、自分の生活や自然を詩にあらわしていった。その詩がジプシーとジプシー以外の人達との垣根を越えるきっかけになることもあり、かえって閉ざすことにもなる。現在にも続く課題が提示されているように思える映画と思った。

スペインの日本人のガイドさんからもジプシーと言われる人たちの話も聞いた。その人達が個人的に経験したり、聞いたりした話なのでここでは控えておく。どなたもジプシーについて差別的な予断や偏見を持たせるような説明や言い方をされなかったことは日本人としてうれしかった。ただ一般的に言えるのは、「意識しないと見えない」ということだ。

岩波新書の「ジプシーを訪ねて」の著者関口義人さんは本の最後のほうでこんなふうに書かれている。

「本来私にとって、ジプシーの言語や起源の問題は、どちらでもいいことに思えるのだ。彼らが生きる厳しい現実を見つめていると、あらたな研究(いかなる分野であれ)がジプシーの現状の打破につながるのであれば、一層進んでほしいと願っているが、「ジプシー」自身をないがしろにした単なる研究のための研究に関してはよく吟味されるべきだと思っている。しかし、何もしなければ彼らの生活は現状のまま、ないし劣悪化の一途をたどることは間違いない。人権団体などの支援や経済援助などのさまざまな取り組みもあるが、ヨーロッパ自体の経済危機の煽りを受けて現在は停滞していることが大変に懸念される。
 本書で繰り返し述べてきたような、ジプシーを訪ね歩いたり、ジプシー関連書を読み漁ったりする作業は、まったくの個人的で風変わりな趣味だと思われるかもしれない。が、私は現代に生きる私たちがジプシーを知ることには、大きな意味があると思っている。ジプシーを見つめること、それは私たちが住む社会を見つめることでもある。・・・・」。

フラメンコ人口はスペインを上回るという日本。日本の地でフラメンコからスペイン、ジプシーのことを考えていくのはなかなか自分でも大変なことと思う。でも、このツアーがきっかけで少しは考えることは良かったと思う。
日本に帰ってから「アラビアのロレンス」のビデオをあらためて見たが、初めて映画を見た高校生の時にはまったく気づかなかった、イギリス軍将校やアメリカの新聞記者達のアラブの人たちへの上から目線が描かれていることに気がついたのも、収穫だと思った。

全くの個人的な経験を記録としてブログに書いた。多々のまちがいがあるかもしれないが、私も現在進行形なので、今後も考えていこうと思う。

最後にパプーシャの詩を引用し、このスペイン紀行の終わりとしたい。

       森よ、わが父よ

森よ、わが父よ、
黒い父よ、
あなたは私を育て、
あたなは私を捨てた。
あたなの葉は震え、
私も葉のように震える。
あなたが歌い、私も歌う。
あなたが笑い、私も笑う。
あなたは忘れなかったし、
私もあたなを覚えている。
おお、神様、私はどこへ行けばいい?
何をすればいい、どこから
おとぎ話と歌を取ればいい?
私は森へは行かない、
川にも出会わない。
森よ、わが父よ。
黒い父よ!

 

 

 

スペイン「カルメン」紀行25” への2件のコメント

  1. カルメン紀行は大作でしたね。紺碧の空さんは当方と違って読書家なのでいろいろな方面に話が広がり興味深いです。旅行紀に出てくる写真も一眼、コンデジ、スマホと多彩で、うまくそれらの特徴を生かされているように思いました。
     さて、カルメン紀行の中で、スペインへの旅行に行きたかった理由の一つが「ジプシー」のこと、と書かれていました。その中で十数年前から「ジプシー」という言葉に関心があったと書かれています。当方の記憶では紺碧の空さんがこの言葉を意識されていたのは20年以上も前からです。なぜそう思うかですが、当方が二十数年前にいきつけの喫茶店がありました。その名前が「ジプシー」でした。紺碧の空さんがつぶやくように「あのジプシーあれでいいのかな?」と言うのを覚えていたからです。
     それはさておき、この間にジプシーについてわかったこととして、1から3にまとめられているのには感心します。ジプシーという言葉が英語であれば、英語圏の国でどういう状況の時に使われてきたのかということも疑問が膨らみますね。当事者たちの中でのその言葉(ジプシー)を嫌う人たちはジプシーということで差別体験が多かったと考えられます。また、あえて使う人たちは差別をバネにしたり、自分たちのアイデンティティを確かめたりしていいるからだと考えられます。
     いずれにしても色々なテーマを持った旅行になりましたね。
     来年もブログを楽しみにしています。

    • 風見鶏さんへ
      コメントありがとうございます。
      スペインの旅は、松本侑子さんという素晴らしい人がいたので、とても勉強になりました。
      喫茶店の名前で私がそんなことを言っていたとは、自分でも覚えていませんでした。
      知識ばかりが先行していたのかもしれませんね(笑)。
      長いブログの記事にお付き合いいただいていつも感謝しています。
      来年も旅行に行った時のブログを書くかもしれません。
      その時はよろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です