スペイン「カルメン」紀行22

ルーブル美術館2

IMG_9199

これは社会科の教科書に載っていたことを覚えている。
ウジェーヌ・ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」。
大きさが259cm X 325cm 1830年の制作。
3mを超える大きさなんて、想像していたよりもずっと大きい。

IMG_5596

これも有名な絵。「ナポレオン一世の戴冠式」。作者はジャック=ルイ・ダヴィッド 1805年〜1807年の制作。
629cm✕926cm 10m近い大作も大作。
テレビでこの絵の解説を見たことがあるが、こんなに大きいとは。
びっくりするばかり。

IMG_9196

これも大作。「メデューズ号の筏」、テオドール・ジェリコーの絵。
1818年〜1819年の作品で、大きさは 491cm✕716cm 。
実物大の絵画といわれている。

この「メデューズ号の筏」は、フランス海軍のフリゲート艦「メデューズ号」が難破し、147人の人々が漂流したが救出された人は15人しかいなかったという事件に基づいている。この絵も美術の教科書で見たような記憶がある。

このメデューズ号の難破の原因の一つとして、その当時に灯台がなかったからだと言われている。そのことは日本に帰ってきてから読んだ本でわかったが、その本には興味深いことがのっているので、後日紹介したい。

IMG_5648 IMG_9217

とにかく巨大な画がつづく。
第2次世界大戦のとき、ナチスの略奪からのがれるために、ルーブル美術館の名画・名作が短時間のうちに梱包され移動し隠されたという。これまでに紹介したミロのヴィーナスもサモトラケのニケもモナリザもその中に入っていた。ではこんな大作はどうしたのだろう?

IMG_5627

もちろん大きな作品だけではなく、こんな小さな作品も展示されている。

ヤン・フェルメール(1632〜1675)の「レースを編む女」

このルーブル美術館にあるフェルメールの作品は2点のみ。
1つはこの「レースを編む女」もう一つは「天文学者」だが、私達が行った時にはどこかの美術館に貸し出されていたようで見つけられなかった。
私は日本でのフェルメール展に行ったことはあるが、こんなに間近で見ることができ、写真もとることができるなんて、さすがはルーブル美術館。

IMG_5629

話に聞いていた名画を模写している人。

小学校か中学校の図工や美術の時間に、フランスのルーブル美術館では名画の直ぐそばで模写することができる、という話を聞いたことを覚えている。

本当にあったんだ、先生の言ったとおりだ…と何か感慨深い。ガイドさんの話では、専門的な知識があり時間や日数の許可を得ていればこの写真のように模写することができるそうだ。やっぱり専門的という敷居があるのだ。
日本に帰ってきてから調べてみるとかなり敷居は高そう。ルーブルで模写をした人の苦労話がブログにあったので紹介しておく。

http://www.osamu-obi.com/blog/2011/07/post-112.html

IMG_5581 IMG_5579

この他に写真のような金銀宝石のアクセサリー、立派な調度品、武具などあったがとても午前の限られた時間では回りきれない。
そろそろお昼の時間。レストランは予約してあるが、どんなところだろう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です