クレオパトラとエジプトの王妃展

IMG_20151224_0004

10月からチケットを予約しておいたのに、なかなか行く機会を作ることができなくて、もう終了間近ということになって、あわてて国立国際美術館に行った。

左のパンフレットにあるように、12月27日日曜日までの「クレオパトラとエジプトの王妃展」

ああもう少し早く行っておいて、たっぷりと時間をかけて見ておけばいいのに、と思ったほどすばらしい美術展だった。

世界中から集められた約180点の本物がそこにはあった。

IMG_7724

IMG_20151224_0001

 

左はこの美術展のチケット。

パンフレットによると、
「主役は王妃と女王。ファラオを支え、国を支えた女性たち」ールーブル美術館、大英博物館、ボストン美術館など、世界各国の名だたる美術館・博物館から集結した名品約180件によって、古代エジプト史を彩る王妃や女王たちに迫ります。謎に包まれながら今もなお語り継がれるエジプト最後の女王クレオパトラ(クレオパトラ7世)をはじめ、魅力的な人生を送った彼女らにまつわる逸品の数々を紹介します。ー

買った冊子には次のような説明があった。

「古代エジプトでは女性は妻や母としての役割を担うだけでなく、総じて社会的な地位も高く、財産を所有し、相続することができました。王妃やその娘は王位継承にも重要な役割があり、時として女王として君臨したり、神格化されるなどしました。今回の展覧会では、古代エジプト史上最も著名な女王クレオパトラ(クレオパトラ7世)、女王として君臨したハトシェプスト、王母として権勢を誇ったティイ、古代エジプトを代表する美女ネフェルトイティの4人の女性たちにスポットを当てます。」

こんな企画は私は今まで見た美術展ではなかったとおもう。
企画としておもしろいだけでなく、集まった作品が半端なものではなかった。

IMG_20151224_0001 - バージョン 2

左の冊子は会場で買ったもの。 値段もお手軽で、内容もよくわかり、お買い得と私は思う。

その中から少し引用すると、

「王妃は、王を宗教的な側面から支える役割がありました。王は現人神であり、それを支える王妃は古代エジプト人にとって崇拝の対象でした。新王国時代(紀元前1570年〜紀元前1070年頃)になると、王妃そのものが神格化されるこのもありました。
また、古代エジプトでは女性は総じて社会的な地位が高く、財産の所有や相続の権利も持っていました。古代エジプトから発掘される装飾品や像などの出土品から、華やかな彼女たちの暮らしを垣間見ることができます。」

古代エジプトの女性の地位が高かったとは想像していないことだった。
そのためだろうか、この美術展に集まってくる人の多くは女性で、とても熱心に展示品を見つめていた。

IMG_20151224_0003

4人の王妃・女王はとても魅力的だ。
そのなかでも一番私が気になったのは、ティイ。

IMG_20151224_0002

IMG_20151224_0002 - バージョン 2

発掘の様子がビデオで紹介されていた。ティイのレリーフは古代エジプトの最高傑作と言われているそうだ。確かにそう思う。その現物がここにあるのだからすごい。私は時間を忘れて見入ってしまった。

http://egypt2015.jp/

この美術展のホームページで、4人の王妃達の像が美しく紹介されている。このホームページと発掘の様子のビデオは必見だと思う。

再発掘をした近藤二郎教授が話されているブログがあったので紹介しておく。

http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/2015/05/04/%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E7%99%BA%E6%8E%98/

とてもすばらしいレリーフを見て、昔の発掘はこんな重要なものを遠慮無く切り取るものなのかなあ、と思った。発掘方法については私は何も知らないのであまりきつくいえないけれど、、、。

とにかく、行ってよかった。多くの人が見るべきものだと思う。

おみやげで買った物も、お買い得だった。

IMG_7727

ボールペン、一筆箋、キーホルダー、クリアファイルホルダー、そしてマリアージュ・フレールのクレオパトラという紅茶。4200円ぐらいのものが2300円。
なにもかもが美味しい美術展だった。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です