スペイン「カルメン」紀行9

メスキータ(モスク)

城壁のような外壁の門をくぐって「メスキータ」の中に入る。

_MG_7871「メスキータ」とはどういう意味なのだろう。 「メスキータ」とはスペイン語で「モスク(ひざまずく場所)」という意味で、イスラム教の礼拝堂の意味だそうだ。西暦785年、イスラム教の寺院としてアブデラマン一世の時代に建設されたという。 総面積23,400平方メートル(甲子園球場のグランド面積が約13000平方メートル)、縦約128m、奥行き約175mで約25,000人の信者を収容できたという巨大なもの。

門をくぐるとそこは「オレンジの木のパティオ」と呼ばれている中庭。
礼拝者が身体を清めた場所だそうだ。

_MG_7874 _MG_7880

 

_MG_8017

上の写真の高い塔はミナレット(イスラム建築の鐘楼のこと)。高さ53mで、ゴルドバで一番高い建物だそうだ。さあ、礼拝所に入ってみよう。

礼拝所に入る時、ガイドさんから「ここから10分ほどは、私から何もガイドをいたしません。皆様の感覚と感性でこのメスキータを感じてください」と言われた。

_MG_7881 _MG_7893

_MG_7884

なんとも荘厳な雰囲気。 キリスト教の礼拝所にあるような装飾や彫刻はまったくない。赤と白に塗られた二重のアーチがなんとなく東洋的な親しみを持つ。
そしてこのアーチを支える柱は各地から集められてきなもので、いわばリサイクル・リユースなので長さも違っていた。それを継ぎ足したり、床より沈めたりしながら制作されているのもイスラム的なのかもしれない。

_MG_7938

 

_MG_7946

13世紀にレコンキスタによってカスティージャ王国がコルドバを再征服。コルドバのモスクはカトリック教会の教会堂に転用、結果的には現在のようなイスラムのモスクの中にキリスト教の教会があるという形になった。
薄暗い建物が急に天井からの光が差し込むところにでる。そこがキリスト教の祭壇。
下の写真は、以前にあったモスクの壁を壊して、その奥に作ったキリスト教の教会内部が見えるようになっているところ。このあたりからキリスト教の教会の雰囲気になってくる。

_MG_7965

_MG_8006

_MG_7897イスラムのモスクとしての歴史と、キリスト教の大聖堂としてのゴシック、ルネサンス、バロックの様式が混在している。
現在は、聖マリア大聖堂となってキリスト教の信者の拠り所となっている。
世界遺産として多くの観光客を集めているが、イスラム文化とキリスト教の西洋文明の混在が文化財産になっていて、「メスキータ(モスク)」という名前で世界に知られているのもおもしろい。ガイドブックには「イスラム文化とキリスト教文化の融合」と書いてあるのもあるが、「融合」なのかどうかは簡単に言えそうにもない。

_MG_8018

これは出入り口のそばの廊下に展示されていたもの。
メスキータの時代の天井の板だそうだ。 当時は綺麗な彩飾がなされていたそうだが、今はその様子はまったく残っていない。 この天井板がメスキータの激動の歴史を天井から見下ろしていたのかもしれない。
この後は、メスキータを出て、市内の散策に出かけることになる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です