スペイン「カルメン」紀行9

メスキータ(モスク)

城壁のような外壁の門をくぐって「メスキータ」の中に入る。

_MG_7871「メスキータ」とはどういう意味なのだろう。 「メスキータ」とはスペイン語で「モスク(ひざまずく場所)」という意味で、イスラム教の礼拝堂の意味だそうだ。西暦785年、イスラム教の寺院としてアブデラマン一世の時代に建設されたという。 総面積23,400平方メートル(甲子園球場のグランド面積が約13000平方メートル)、縦約128m、奥行き約175mで約25,000人の信者を収容できたという巨大なもの。

門をくぐるとそこは「オレンジの木のパティオ」と呼ばれている中庭。
礼拝者が身体を清めた場所だそうだ。

_MG_7874 _MG_7880

 

_MG_8017

上の写真の高い塔はミナレット(イスラム建築の鐘楼のこと)。高さ53mで、ゴルドバで一番高い建物だそうだ。さあ、礼拝所に入ってみよう。

礼拝所に入る時、ガイドさんから「ここから10分ほどは、私から何もガイドをいたしません。皆様の感覚と感性でこのメスキータを感じてください」と言われた。

_MG_7881 _MG_7893

_MG_7884

なんとも荘厳な雰囲気。 キリスト教の礼拝所にあるような装飾や彫刻はまったくない。赤と白に塗られた二重のアーチがなんとなく東洋的な親しみを持つ。
そしてこのアーチを支える柱は各地から集められてきなもので、いわばリサイクル・リユースなので長さも違っていた。それを継ぎ足したり、床より沈めたりしながら制作されているのもイスラム的なのかもしれない。

_MG_7938

 

_MG_7946

13世紀にレコンキスタによってカスティージャ王国がコルドバを再征服。コルドバのモスクはカトリック教会の教会堂に転用、結果的には現在のようなイスラムのモスクの中にキリスト教の教会があるという形になった。
薄暗い建物が急に天井からの光が差し込むところにでる。そこがキリスト教の祭壇。
下の写真は、以前にあったモスクの壁を壊して、その奥に作ったキリスト教の教会内部が見えるようになっているところ。このあたりからキリスト教の教会の雰囲気になってくる。

_MG_7965

_MG_8006

_MG_7897イスラムのモスクとしての歴史と、キリスト教の大聖堂としてのゴシック、ルネサンス、バロックの様式が混在している。
現在は、聖マリア大聖堂となってキリスト教の信者の拠り所となっている。
世界遺産として多くの観光客を集めているが、イスラム文化とキリスト教の西洋文明の混在が文化財産になっていて、「メスキータ(モスク)」という名前で世界に知られているのもおもしろい。ガイドブックには「イスラム文化とキリスト教文化の融合」と書いてあるのもあるが、「融合」なのかどうかは簡単に言えそうにもない。

_MG_8018

これは出入り口のそばの廊下に展示されていたもの。
メスキータの時代の天井の板だそうだ。 当時は綺麗な彩飾がなされていたそうだが、今はその様子はまったく残っていない。 この天井板がメスキータの激動の歴史を天井から見下ろしていたのかもしれない。
この後は、メスキータを出て、市内の散策に出かけることになる。

 

スベイン「カルメン」紀行8

グワダルキビール川にかかるローマ橋

IMG_8819

IMG_8816

 

IMG_8815

グラナダからゴルドバまで約3時間のバス旅。 途中のドライブインで休憩。かつては駅舎だったようで、お土産物も売っていた。 そこでガイドさんに頼んで、地元の人がいつも飲んでいるコーヒーを注文した。
私好みの熱さで、コーヒーの香りも味もこれまでスペインで飲んだコーヒーで一番だった。やっぱり現地の名物は現地で味わうのが最高ということだ。

バス旅の途中で、松本侑子さんから原作「カルメン」とオペラ版「カルメン」の違いについての講義を聞く。

その講義の内容にもふれながら、まずゴルドバ ー世界遺産都市「コルドバ歴史地区」からはじめよう。
コルドバは「カルメン」の原作本に登場する街。

_MG_7852IMG_5280

この橋は「ローマ橋」、旧市街地に入るために渡る橋。
橋の向うにメスキータが見える。
川はグワダルキビール川という。イスラムが支配していた時に街の守りをしていた「カラオラの塔」の前で松本侑子さんの説明を聞く。
「カルメン」の原作は、「私」という考古学者が「ドン・ホセ」から「カルメン」の話を聞いたことがもとになって本になっている「額縁小説・枠物語」である、と松本侑子さんの説明。
その考古学者である「私」が「カルメン」に出会ったのがこのローマ橋。原作本から引用してみよう。

_MG_7678***********
コルドヴァでは、日の暮れ方になると、グアダルキヴィル川i右岸に沿ったどての上に無数の閑人が現れる。このどての上から、製革業で名高かったこの国の昔の名声を未だにとどめているなめし革工場の発散する異臭をかぐのであるが、その代わり、はなはだ見物がいのある光景を楽しむこともできる。夕暮れの鐘の鳴りわたる数分前、大勢の婦人がどての下の水際に集合する。・・・・鐘が鳴り渡るが早いか、夜になったものとみなされる。最後の鐘の響きが消えると、婦人たちは一人残らず、着物をぬいで、水の中に入るのである。それから叫ぶ、笑う、たいへんな騒ぎである。どての上から男どもはゆあみする女たちを眺める。・・・・・・
ある夕方、はやものの形も見えない頃、川岸の手すりによりかかって煙草を吹かしていると、一人の女が水際に降りるはしごをのぼって来て、わたしのそばに腰をおろした。女は髪にジャスミンの大きな花束をさしていたが、この花は、夕闇の漂う頃になると、むせるような香を放つ花である。・・・・・
**************************

上の写真の白い花がジャスミン。アルハンブラ宮殿の庭に咲いていたもので、松本侑子さんの指摘で写真をとっていたことがここで役に立った。
コルドバが製革業で有名であったこと、カルメンが髪にさしていたのはジャスミンの花だったことはあとに関係するので、覚えておこう。

_MG_7853 _MG_7856

 

グワダルキビール川は約100km先の大西洋に流れ込んでいる。セビーリアの街は川を遡ってくる新大陸から運び込まれた膨大な品々によって大いに発展したという。

IMG_5287

_MG_7857

橋の上は、観光客目あてのパフォーマンス、アコーディオン演奏などの、いわゆる大道芸で賑わっていた。

さて、橋の岸にある城門をくぐって、世界遺産「メスキータ」のある旧市街地に入る。

_MG_7858

_MG_7862

_MG_8055

城門をくぐるとイスラム風の彫刻をほどこした建築物が目に入る。 街路樹が整然と植えられていて、その緑は、地中海に居るのだなあとあらためて思わせる。
街路樹には実がなっている。えっ、これはミカン? いいえ、地中海といえば、そう、オレンジの実がなっているのだ。
まだ色づいたばかりだが、もう少し日が経つとそれこそオレンジ色に輝くのだろうな。ただこの実は甘い種類のオレンジではなく、ジャムなどに使われているという。
街路樹の実といえば、御堂筋の銀杏、そろそろイチョウの葉も黄色に色づく頃かなと思いながら、メスキータに向かう。

 

 

スペイン「カルメン」紀行7

アルハンブラ宮殿から見た月

この月はアルハンブラ宮殿を歩いている時に撮したもの。

10月21日、さてこの月の月齢は?。

_MG_7822

 

答えの前に少し考えてみよう。下の写真の月は約1ヶ月後の11月19日の月。

IMG_9592

IMG_8559

 

 

 

 

国立天文台のホームページによると、

表1 月の形と見え方
呼び名 月齢 月の形 見え方
新月(朔) 0 光っている部分がほとんどない 太陽に近い上に暗いので、新月の前後1日ぐらいは見えない。
三日月 2前後 西側が細く光っている 日の入り後の西の空で見やすくなる。
注意深く探せば、昼間も太陽の東側に見ることができる。
上弦 7前後 西側半分が光っている 昼ごろ東から上り、日の入りのころ南の空に見える。
真夜中ごろ西に沈む。
満月(望) 15前後 ほぼ全面が光っている 日の入りのころ東から上り、真夜中に南の空に見える。
日の出のころ西に沈む。
下弦 22前後 東側半分が光っている 真夜中ごろ東から上り、日の出のころ南の空に見える。
正午ごろ西に沈む。
(特別な名前は
ありません)
27前後 東側が細く光っている 日の出前の東の空で見やすくなる。
注意深く探せば、昼間も太陽の西側に見ることができる。

****************************

上弦・下弦(First Quarter / Last Quarter / Quadrature )

・太陽と月の黄経差が90度・270度になること、あるいはその時刻が上弦・下弦です。
・半月(半月)、弦月(げんげつ)、弓張月(ゆみはりづき)とも呼ばれます。
・月の半分が明るく輝くように見えます。
・上弦・下弦の区別は沈むときに弦(まっすぐな部分)が上にあるか下にあるかによる、と言う人もいますが、単に陰暦で上旬の弦月、下旬の弦月程度の区別という人もいます。

****************************

という説明がある。団地の上に見える月は「西側半分が光っているので上弦の月」といえる。

以前のブログで書いた「下弦の月」と違って、今回は月を正面に見て右側に太陽がある。だから月の右半分が光って見えている。ただ太陽はもう日没時間を過ぎているので地平線の下にある。
そしてこれから月は日ごとにふくらみをまして、26日に満月となる。

太陽と月の満ち欠けについて

太陽の位置と月の満ち欠けの仕組みについて簡単におさらいをしておこうと思う。
下弦の月の説明で使った、国立天文台の図をもう一度見てみよう。

月の満ち欠け1

 

月の満ち欠けは、基本的には太陽の反射がどのように見えるか、ということにまとめられる。

上弦の月

上弦の月は、地球から見て月の右半分に太陽の光があたっているように見える位置関係なので、上の図の2番のように見える。
これを地球の地面から見た図にすると、

IMG_20151120_0002

上弦の月は日没ころに南中する。という言い方ができる。
上弦の月を過ぎると、月は満月に向かっていく。

ではこの上弦の月の月の出はいつごろなのだろうか。それがこの図。

IMG_20151120_0002 - バージョン 2

実際に11月19日の月の出の時間を調べてみると、12時23分。確かにお昼ごろに月が昇ってくる。
ではこの日の月の入り、月が西の空に沈むのは何時頃なのだろう。IMG_20151120_0003

 

図に書いて考えると、真夜中になるようだ。実際の時刻は次の日の午前12時8分ごろ。深夜だ。

三日月

三日月というのは、正確にいうと新月から三日目の月のこと。
しかし新月と上弦の月のあいだの月を、三日月という言い方もするので、ここではこの広い意味での三日月を考えてみる。

IMG_20151123_0006

上の図のように、日没の頃に南西の空に出ている月が三日月と呼ばれている。

月は太陽の光があたっている面が、光って地球から見えていることを考えれば理解できると思う。
月が地平線に沈む時(月の入り)は、下の図のように太陽はすでに沈んでいる。
言いかえると、太陽が沈んでいても三日月は空にある。
三日月をすぎると月はますます丸みをおびて、満月に向かっていく。

IMG_20151123_0007

逆に月の出の時は、太陽はどこにあるのだろう。
下の図のように、日の出の頃は月はまだ地平線の下にある。

IMG_20151123_0007 - バージョン 2

IMG_20151123_0006 - バージョン 2

図のように、日の出の後から月が登ってくる。その時には太陽の光で月の姿は肉眼では見えない。日が沈む頃になって、月の姿が見えてくる。

下弦の月

下弦の月は以前にブログで書いたが、下の図のようなときである。
下弦の月がすぎると、新月に向かっていく。

IMG_20151123_0010

太陽に近い面が反射するので、地球から見ると月の左側が光って見える。
太陽が南中する頃、お昼ごろには、下弦の月は地平線に近づいて、月の入りとなる。

IMG_20151123_0010 - バージョン 2

では月の出は何時頃だろう。真夜中に下弦の月が昇ってくることが、図よりわかると思う。 IMG_20151123_0009

こういうふうにして、太陽と月の位置関係から月齢を考えることができる。

日の出の時、月齢によって空のどの辺に月が見えるか、をまとめてみたのが次の図である。 IMG_20151123_0005

こんなふうに読み取ればよい。
日の出の時に、
南の空に月があれば、それは下弦の月
南西の空には、レモンの形の月が見え、
西の空に月があれば、それはほぼ満月の月。
そして南東の空にある月は、新月に近づいていく月齢の月が見え、日の出とともに太陽の明るさのために見えにくくなっていく。

今度は日没の時に見える月を考えよう。
見える方角によってどんな月齢の月が見えるだろう。

IMG_20151123_0008

 

こちらはこんなふうに読み取ればよい。
日没とともに東の空に昇ってくる月は、満月。
与謝蕪村の句「菜の花や月は東に日は西に」の世界である。
南東の空に月があれば、レモン形の月。
南に月が見えれば、それは上弦の月。
南西の空に見える月は、三日月型の月である。
新月は太陽と同じ方向にあるため、見ることはできない。

さて、一番初めのアルハンブラ宮殿から見た月の月齢もう分かる。
お昼時に、空高くに右半分が光っている月、それは「上弦の月」と言っていいだろう。
ネットで調べてみると、この日のマドリードでの上弦の月は10月20日とあった。