梨のジャム

IMG_7832

梨のジャムを作ってみよう。
参考にしたレシピは、クックパッドの「*梨ジャム*」と言うレシビ。

用意するものは、 梨・・・1個
砂糖(あればグラニュー糖)・・梨の重量の30%
レモン汁・・・大さじ1
ポッカレモンがあったのでそれで代用。

IMG_7833

梨を半分に切る。

半分をすりおろし、
残りの半分をイチョウ切りにする。

写真のような大きさに切ったが、
もう少し小さいほうが食べやすいと思う。

鍋に梨を全部入れて、その上から砂糖とレモン汁をかけて、砂糖が溶けるまで待つ。
砂糖がしっかりと溶けたら、中火にかけて煮る。途中でアクが出てくるので、こまめに取る。

IMG_7835 IMG_7837 IMG_7838

IMG_7842

焦げないように混ぜながら煮詰めていく。
好みのとろみが付いたら火を止めて、熱湯消毒したガラス瓶に入れてでき上がり。

IMG_7847 IMG_7848

すりおろした梨の中に、イチョウ切りにした梨が混ざっていて、触感が二倍に楽しめるジャムになった。

作業は複雑ではない。
アクを取ったり、焦げないようにまぜながら、そして好みのとろみになるように見ていくのに時間がかかったといえる。
ジャムは冷えると固くなってくるので、熱している時のとろみ具合は、ちょっと柔らかいかな、と思える程度でストップするほうがいいと思う。
また、イチョウ切りにした梨は、私は大きいと思ったので、混ぜながら柔らかくなったら半分の大きさに切断していった。最初からもう少し小さく切ったほうが作業的には楽だったかもしれない。
梨の果実のシャリシャリ感を楽しみたければ、これぐらいの大きさに切ったり、あるいは丸々1個をすりおろしてジャムにすれば完全なトロリとしたジャムにもなる。そこは個人のお好みにおまかせ。

IMG_7872

朝食に梨のジャムを使ってみた。 天然酵母のパンにとってもあう。
デザートには、梨を冷凍して冷凍梨にした。ヨーグルトをかけてみると、冷凍した梨がシャーベットのような触感になっていたのがおもしろい。
梨の調理もいろいろあって楽しむことができた。
広島の知人に感謝、感謝。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です