マルシェめぐり in パークス

IMG_20150830_0001 IMG_20150830_0002

なんばパークスで、マルシェめぐりがあったので見てきた。 一つは御堂筋にある難波神社を中心とする「大阪ぐりぐりマルシェ」、もう一つは環状線芦原橋駅を中心とする「芦原橋アップマーケット」。
どちらも私の予想をこえる、おしゃれなマルシェだった。
ちなみにマルシェとは、フランス語で「市場」を意味することば。

8Fと9Fは「大阪ぐりぐりマルシェ」のお店。
毎月第2土曜日に難波神社で開かれているそうだが、残念ながら私は行ったことはない。
自然食品や無農薬・無添加の食品が並んでいた。
目を引いたのは、赤い鎧とカブトのパン屋さん。環状線玉造駅のそばにあるパン屋さんだ。玉造駅周辺は真田幸村に関係する土地なので、「真田ロード」として売り出しているらしい。
このパン屋さんは、大豆パンといって、糖質を少なくするために大豆を発酵させてパンを作っているとか。
ダイエットに良い、醤油をかけて食べれるなど、興味津々なので買うことにした。レシピは以前からあったが、製品化したのは私です、と店主自慢の作品。

IMG_7607

IMG_7604

IMG_7606

3F、4Fでは「芦原橋アップマーケット」が出店していた。

IMG_7602 IMG_7613

私のお目当ては「アトリエ 西濱」。本革を使った手作りの靴屋さん。 IMG_7595

大阪市はかつては靴作りで有名なところがいくつもあった。 大国町の「トミヤマ」、靴の「アポロ」、そして鶴見場商店街には沢山の靴屋さんがあった。
今はもうその面影はほとんど残っていない。 そんななかで、芦原橋で本格的な靴を作っているのがこの「アトリエ西濱」。
しかし聞いてみると、本皮を使った手作りの靴職人さんが数少なくなってきていて、後継者育てが課題だとか。

私も西成区の靴屋さんで誂えた本革の靴を持っている。
大阪教育大学の教授で、リバティおおさかの館長をつとめた中尾健二さんの講演で、日本における皮革の歴史を聞いたことがことのはじまりだ。
カバンから靴を取り出した中尾さんが、
「本革の靴は、食べることができる、無人島に漂流した時には非常食として使える。海外旅行に行く時には本革の靴を履いていくといい」という話をされた
この話がきっかけになって、本革の靴を誂えよう、という番外編の動きがあり、私もそれに相乗りさせてもらった。
高校生の息子もさそって靴を誂えた。
今もその靴は大事にとってある。
若くして旅立ってしまった中尾さん。本革の靴をちゃんと持っていったのだろうか。
今あるリバティおおさかの危機、きっと無念に思っているに違いない。

IMG_7610

今年になって、「芦原橋アップマーケット」の話を聞いたので、一度行ってみようと思っていたがなかなか行く機会がなかった。 そんな時に、なんぱパークスでのマルシェめぐり、というポスターを見た。
それにしても、若い人たちが沢山あつまっている。出店のスタッフのひとたちも大変若い。 芦原橋アップマーケットの関係者の人が、「若い人の知恵をもちよって、まちづくりをしたい」という意味のことを話してくれた。

9月20日の第三日曜日は、いつもとちがって夕方開催だそうだ。まだまだ暑いので、夕方からはじめようとなったらしい。詳しくは以下のホームページを参照。

http://reedjp.org/up/

雨が降ってきた。
店じまいをはじめる出店の人達。
残念だなあ。では、9月20日に行ってみるか。飲みそこなった地ビールも出店するらしいから。でもお天気が心配だなあ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です