堺の和菓子 茶寮つぼ市製茶本舗

IMG_7928

ここは抹茶カフェと一言では言い表せないところ。抹茶だけではなく、玉露、ほうじ茶、煎茶といろいろある。やはりお店の名前のように「茶寮 つぼ市製茶本舗」とフルネームで言ったほうがいい。

1853年(嘉永3年)3月、堺で茶商「やまいち」として創業、という260年あまりの歴史がある「つぼ市製茶本舗」。その喫茶店というか、カフェというか、やっぱり「茶寮」というのが一番ピッタリのお店が2年前に堺市にオープンした。それがこの「茶寮 つぼ市製茶本舗」。

堺市内の古くからある町家を改造して、新しいスタイルのお店になっている。お店の人に「ビフォー・アフターですね」と言うと、笑っていた。

駐車場があるのもありがたい。
4台のスペースがあるが、私の行った時は雨のためか、満車状態。

 

茶寮

 

IMG_7921 IMG_7926 IMG_7925なかなか雰囲気のあるお店。 入り口には、お茶に関係する商品が展示販売されている。

メニューを見ると、パイやパフェやスムージーなどかなりたくさんの種類がある。
抹茶のスイーツと茶粥を注文した。
IMG_7933 IMG_7937

奈良に遊びに行った時に、茶粥を食べたことがあるが、私にはあまりなじみのない料理。 でも1日10食の限定食なので、興味がわいて食べることにした。 写真のようにたいへんおしゃれにできあがっている。 おかゆもたいへん食べやすい(おかゆだから当たり前だけど、味付けが嫌味でなかった)。お汁も浅漬けも健康によい、という感じの仕上がりだった。

抹茶スイーツも、お抹茶と抹茶を使ったアイスクリームやおまんじゅう、クッキー風の仕上がりのスイーツなど、種類が楽しめるようになっていた。

なんと、茶粥にはデザートがついていた。

IMG_7941紅茶と抹茶プリン。飲み物は紅茶と煎茶、ほうじ茶から選ぶことができた。

窓から見える奥庭の風情も楽しめる。
確かに「市中の山居」。喧騒を忘れ、ゆったりとした時が流れる場所。

IMG_7932

IMG_7945

町家を改造した、今風のカフェ。

カフェの営業は11時から18時。
お茶などの販売は、10時30分から18時。
どちらも営業時間に注意しないと、閉店時間になっているかもしれないところ。

IMG_20150918_0002

上はお店でもらったカードのうら。地図が載せられているが、今はファミリーマートはなくなっているので注意。

また来たくなると思えるお店だった。

*くわしくは茶寮つぼ市製茶本舗のホームページと、

http://www.tsuboichi.co.jp/saryo

*つぼ市製茶本舗のホームページを参照。

http://www.tsuboichi.co.jp/product

 

 

梨のジャム

IMG_7832

梨のジャムを作ってみよう。
参考にしたレシピは、クックパッドの「*梨ジャム*」と言うレシビ。

用意するものは、 梨・・・1個
砂糖(あればグラニュー糖)・・梨の重量の30%
レモン汁・・・大さじ1
ポッカレモンがあったのでそれで代用。

IMG_7833

梨を半分に切る。

半分をすりおろし、
残りの半分をイチョウ切りにする。

写真のような大きさに切ったが、
もう少し小さいほうが食べやすいと思う。

鍋に梨を全部入れて、その上から砂糖とレモン汁をかけて、砂糖が溶けるまで待つ。
砂糖がしっかりと溶けたら、中火にかけて煮る。途中でアクが出てくるので、こまめに取る。

IMG_7835 IMG_7837 IMG_7838

IMG_7842

焦げないように混ぜながら煮詰めていく。
好みのとろみが付いたら火を止めて、熱湯消毒したガラス瓶に入れてでき上がり。

IMG_7847 IMG_7848

すりおろした梨の中に、イチョウ切りにした梨が混ざっていて、触感が二倍に楽しめるジャムになった。

作業は複雑ではない。
アクを取ったり、焦げないようにまぜながら、そして好みのとろみになるように見ていくのに時間がかかったといえる。
ジャムは冷えると固くなってくるので、熱している時のとろみ具合は、ちょっと柔らかいかな、と思える程度でストップするほうがいいと思う。
また、イチョウ切りにした梨は、私は大きいと思ったので、混ぜながら柔らかくなったら半分の大きさに切断していった。最初からもう少し小さく切ったほうが作業的には楽だったかもしれない。
梨の果実のシャリシャリ感を楽しみたければ、これぐらいの大きさに切ったり、あるいは丸々1個をすりおろしてジャムにすれば完全なトロリとしたジャムにもなる。そこは個人のお好みにおまかせ。

IMG_7872

朝食に梨のジャムを使ってみた。 天然酵母のパンにとってもあう。
デザートには、梨を冷凍して冷凍梨にした。ヨーグルトをかけてみると、冷凍した梨がシャーベットのような触感になっていたのがおもしろい。
梨の調理もいろいろあって楽しむことができた。
広島の知人に感謝、感謝。

 

 

梨のケーキ

IMG_7866

広島に転居した知人から梨をいただいた。
減農薬のおいしい梨。
そのままいただいてもおいしい。でもスイーツ作りをしてみようと考えてケーキとジャムを作ってみた。
ネットには沢山のレシピがあった。クックパッドの「ホットケーキミックスで簡単梨ケーキ」と「梨ジャム」を参考にさせていただいた。
ケーキとジャムづくりを2回にわたって紹介する。今回は「梨のケーキ」。

IMG_7840

材料は、
◎梨・・・1個半
◎玉子・・2個
◎牛乳・・45ml
◎アーモンドプードル・・20g
◎バター・・・60g
◎ホットケーキミックス・・240g
★シナモン・・・適量
★砂糖・・・大さじ1と大さじ2
★バター・・・20gと10g
★レモン汁・・・適量

IMG_7844

梨1個は16等分に切り、厚さ1cmぐらいに切る。

残っている半分の梨は、8等分ぐらいに薄く切る。

IMG_7853

薄く切った方の梨を、バター20gと砂糖大さじ2とシナモンを入れて、少し透き通るまで煮詰める。

バターの代わりに、ケーキ用マーガリンがあったのでそれを使用。

少し透き通るまで煮詰める、というのがレシピに書いてあったが、透き通ると言ってもどのへんまで煮詰めていいのかわからなかった。かなりたっぷりと時間をかけたと思う。

厚さ1cmに切ったほうの梨は、バター10gと砂糖大さじ1とシナモンを入れて、軽く煮詰める。(今回はバターの代わりにケーキ用マーガリンを使用)

IMG_7851

IMG_7854

写真右のように煮詰まった梨と、玉子、バター、ホットケーキミックス、アーモンドプードル、牛乳をボールに入れて混ぜる。

IMG_7856

IMG_7858

パウンドケーキ用の容器にクッキングシートを敷き、ボウルの生地を入れ、平らにした上部にソテーした梨をならべる。

IMG_7860 IMG_7862

180度に余熱したオープンに40分。 レシピでは40分だが、自分の持っているオーブンによってその時間は変わってくる。私は、20分すぎから焼け具合を確かめていった。結果的には30分程度でいいだろうと判断した。 IMG_7864

IMG_7865

IMG_7868

冷ましてから容器より出す。 オーブンシートを敷いているので、取り出しやすい。
柔らかいと、容器より出すときに形がこわれることがあったので、オーブンシートを敷いたが、そのことが功を奏した。
しっとりとした舌触り。ケーキの中に入っている梨と、上においた梨、どちらも上品な味。やはり減農薬の梨がもっている本来の味が良いからだろう。

コーヒーで試食。至福の時。

 

 

堺の和菓子 けし餅(本家小嶋)

IMG_20150911_0003 - バージョン 3

IMG_20150913_0004

地図を見ていると、小島屋と本家小嶋がある。どちらも「けし餅」とかいてある。
「かん袋」で手に入れたパンフ「竹内街道と横大路」(発行、奈良県・歴史街道コンシェルジェ)にも「本家小島」が紹介されていた。
「天文元年(1532年)創業以来伝統の味を守り続けている老舗です。きめ細やかな餅と丹念に練り上げられた餡、上質のけしの実で作られたけし餅は、とても香ばしく人気の一品です」と書いてある。

小島屋泰芳で聞いていると、別の店ということだ。近くなので行ってみることにした。

IMG_20150913_0005

 

IMG_7729

「さかい利晶の杜」のごく近くにある。のれんがでていなくて、どうも閉店のようだ。 ここも「売り切れ次第閉店」というお店。 お昼を過ぎていたので、どうも「売り切れ閉店」なのかもしれない。 日を改めて来ることにした。

IMG_7748

IMG_7751

午前九時から開店とパンフレットに書いてあった。
売り切れないようにと、車を「さかい利晶の杜」にある駐車場に止めて徒歩でお店に行く。
今回は大丈夫だった。 のれんも出ている。
では、ごめんください、と戸を開ける。

IMG_7752

こじんまりとした店内。けし餅などが展示されている陳列ケースがあり、のれんの奥にけし餅を作っている作業場があるのだろう。
ここでは、芥子餅と肉桂餅の両方が買える。なんとラッキーな。
けし餅一個126円也。

IMG_7771 IMG_7773 IMG_7776

お店の方に聞くと月曜日が定休。
前に来た時にのれんが出ていなかったけれど?と聞くと、
用事でその時間は店を占めていたのかもしれませんね。という返事。
「さかい利晶の杜」のそばにある、千利休の屋敷跡を見学していたとき、ボランティアの説明の人が、 「(本家小嶋では)商売を熱心にする家の人がいなかったからね」というようなことを言っていた。 本家小嶋のけし餅は堺でしか手に入らないのは、そういうことからかも知れない。

IMG_7781

包み紙がいい。
千利休もこのけし餅や肉桂餅を食べたのだろうか。
堺には歴史のある和菓子があるなあ。
コーヒーとこのお餅、思った以上によく合う。これが伝統の味なのかもしれない。

 

 

堺の和菓子 肉桂餅(八百源)

IMG_20150913_0001

けし餅の次はやっぱり肉桂餅。
肉桂と書いて「にっき」と読む。昔懐かしいニッキのこと。
現在では、ニッキよりシナモンのほうがポピュラーになっている。

IMG_7731

IMG_7734

ここは肉桂餅で有名な「八百源来弘堂(やおげんらいこうどう)」。
ザビエル公園の近くにある。
ここは一方通行の道路。駐車場も見当たらない。
もうしわけないが、お店の前に車を止めて、いそいで「肉桂餅」を買う。

IMG_20150911_0003 - バージョン 2

店内には肉桂餅に関係する資料がおいてあって、ありがたく頂いていく。

IMG_20150913_0006

この資料によると、 原料は「セイロンシナモン」ということだ。
「シナモンはスリランカ・南インドを原産とするクスノキ科の常緑高木で、一年中花を咲かせています。日本名は桂皮、または肉桂ですが、最近はシナモンという名前がそのまま使われています。樹高10メートルほどに成長しますが、ふつうは2メートル以下の高さに制御されています。この木は淡褐色の厚い樹皮がおたがいに内側に巻いた形をしており、この樹皮をはぎ、乾燥させたものがスパイスとして利用されるのです。」と記されている。

またどうして肉桂餅のアイデアが出てきたのかというと、
「・・・堺の材木町にて八百屋宗源は、貿易商人として中国・ルソンなどの南方の諸国から、何百種類もの香料・香木を輸入し日本全国に商っておりました。その香料の中で肉桂は香りもよく珍重されておりました。しかし香りは良いけれど辛味と苦味はとても婦人や子どもには受け付けがたいものでした。八百屋宗源は一考し、つき上げたお持ちに肉桂を混ぜあわせたところ、大変香りも味も良い餅に仕上がり、堺の名物として秘かに商われるようになりました。・・・・
そして徳川の世、上方文化も華やかな元禄の太平の時代、慎ましく生きてきた八百屋宗源の子孫は、堺の地に菓子商を始め、その名も八百源と名のりました。家伝の菓子として伝わった肉桂餅、その初代は肉桂を柔らかな求肥(ぎゅうひー和菓子の材料で、白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練り上げたもの)に練り混ぜ、小豆のこし餡を包み、新しい菓子として販売しましたところ、時代とともに堺の町衆の間で評判を呼び、堺の銘菓として好まれるようになりました。・・・・」
と書かれている。

IMG_7739 IMG_7743

 

肉桂餅五個入りで1150円(内税)だった。

IMG_7747

白い片栗粉がまぶされているのが肉桂餅。けし餅とならべて、妻の点てたお茶でいただきました。
堺の銘菓だな、千利休もこんなお茶菓子を食べたのかな、と思いながらの一服であった。