I’ll be back 未来に踊りだせ!

IMG_7201

このポスターが梅田の御堂筋線の改札口の近くの壁に貼ってあるのを見た。

そう、「ターミネーター」の最新作のポスター。

改札口周辺の円柱の柱にはこの映画の大きなポスターがところ狭しとはってある。
さすがに大人気の映画の宣伝だ。

ところがこの私が写真にとったポスターの横にもう一枚同じような写真がはってある。これもターミーネーターの宣伝?
ところが大違い。

IMG_7197

IMG_7202

未来を取り戻せ → 未来に踊りだせ
人類の救世主になるはずだった → 人類に受け継がれていくだろう
7.10(金)3D/2D  →  since 17TH century
人工知能に(心)はあるのか! 時空を超えたSF映画の金字塔! 新起動!
 → 躍動する古典の(魂)は次世代へ! 時代を超えた真のクールジャパン、新起動!
そして、真ん中に、
アーノルド・シュワルツェネッガー ターミネーター 新起動
 → ユネスコ無形文化遺産 ブンラク 新起動

いやー よくできたパロディのポスターだ!!!

文字の配置も、人物の配置もそっくりに作ってある。背景に通天閣や大阪城を持ってきているのも憎い。文楽人形もよくこんなにぴったりとあったものを選んできたなあ、と感心することしきり。

丁度阪急百貨店で「文楽の世界展」が開かれていたので見ることにした。

IMG_7205

IMG_7231

阪急百貨店のホームページの紹介を引用すると、

◎7月1日(水)~7月13日(月) 催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー
大阪が発祥の人形浄瑠璃「文楽」。その魅力に迫る展覧会が阪急うめだギャラリーにて開催されます。 人形の繊細な動きや表情、義太夫節の美しい音色、太夫、三味線、人形遣いの三業一体となった世界が 作り出す文楽ならではの劇場空間を、阪急うめだギャラリーに再現いたします。 普段間近に見ることができない人形や小道具、衣裳、舞台のセットなど臨場感あふれる展示と、文楽ミニ公演などイベントも満載です!

http://www.hankyu-dept.co.jp/hkblog/saiji-service/EventShop1/00290796/?catCode=301011&subCode=302033

展示も充実していて楽しい。セミクジラの実物もあり、クジラが文楽を支えてきたことも想像できる。人形や衣装や小物、どれも綺麗。美しさにため息が出る。

IMG_7223 IMG_7214

IMG_7208

IMG_7211 IMG_7209

文楽関係者の努力には頭がさがる。
なんでも映画「ターミネーター」の第一作が上映された1984年に、大阪の国立文楽劇場が開場したとか。大阪人のユーモアとセンスが光る。
大阪の文化を打ち壊してきたターミーネーターもここまで。
I’ll be back !
文楽人形たちの新起動!、大阪の未来に踊り出す時がやってくる。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です