梅ジャム(梅酒の梅を使って)

梅ジャムをつくろう

2014年6月10日に浸けた梅酒を取り出した。梅1キロ、ブランデー1.8リットル、氷砂糖500グラムで作ったもの。梅酒はウイスキー瓶一本分とペットボトル半分以上になった。さて、浸けた梅でジャムをつくろう。

IMG_6922 IMG_6925

梅は803グラムになっていた。ここに砂糖100グラム、蜂蜜100グラムを混ぜてジャムにしてみよう。
砂糖と蜂蜜を加えて、圧力鍋で圧力をかけて数分。右の写真が圧力をかけた後。

IMG_6926 IMG_6930

圧力鍋の底は深いので、浅めの鍋に入れ替えて中火で煮詰める。
写真の右ぐらいのようにとろとろに柔らかくなってくる。
タネは取っていない。

IMG_6934 IMG_6938

扱いやすい程度に冷ましてから、裏ごしをする。この時にタネを取る作業をする。 思いのほか取りにくい。果肉がタネにしっかりと絡んでいるので慌てずにゆっくりと作業。下の写真右のようにタネが取り出せるようになる。

IMG_6940 IMG_6944

裏ごしした梅の果肉をゆっくりと煮詰めていく。取り出したタネはおやつ代わりに。
口の中でしゃぷってのお楽しみ。圧力鍋と煮詰めているのでアルコールの心配はなし。しかし大きなタネなので子どもには注意と思う。
最後にレモンを。レモンがなかったのでポッカレモンで代用。
熱湯で煮沸したビンにいれて保存。思ったより多く作れて、市販のジャムのビンの2つ分ぐらいになった。

IMG_6946IMG_6948

IMG_6968

天然酵母で作った食パンに梅ジャムの朝食。 健康ですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です