天然酵母でパン作り28

アメリカンブレッドとパン・オ・ショコラ

以前にパン・オ・ショコラを作ったが、今回はパウンド型に入れて作ってみることにした。 また、アメリカンブレッドもパン・オ・ショコラと作り方がよく似ているので、二つ同時並行して作ってみた。
また、これまでは食パン用の型を使って作っていたが、今回の二つはパウンド型に入れて作ると、本のように仕上がった。

どちらも増沢恵子さんの「天然酵母の食事パンとお菓子パン」(文化出版局)の本を参考にしている。

アメリカンブレッド

IMG_20150627_0002

左のような写真に仕上がることを目標にしているが、、、、。

用意するものは、

強力粉 300グラム
塩 3グラム
砂糖 30グラム
生種 21グラム
水 102グラム
卵 30グラム
スキムミルク 13.5グラム
無塩バター 45グラム
インスタントコーヒー 6.6グラム
ホワイトチョコレート 60グラム

 

IMG_6852

写真が集めた材料。

無塩バターの代わりに、ケーキ用マーガリンを使用。
ホワイトチョコレートのかわりにミルクチョコ一枚。
スキムミルク、卵、インスタントコーヒーはレシピ通りに用意できた。

こねる作業は、ホームベーカリーの こねる機能を使った。
卵と水の分量が152グラムになるように水の量を調節して入れる。
砂糖、塩、チョコレートもいっぺんに入れてこねることにした。
生種は塩に直接触れないように注意して入れる。生種は中心に、塩は端に入れた。

IMG_6854 IMG_6855

マーガリンもいれて、20分ほどこねる。右下の写真が20分後の様子。

IMG_6857

IMG_6859

丸めてボウルに入れて、室温(25度くらい)で7時間ほど醗酵。
右下が発酵後の様子。

IMG_6861 IMG_6863

4つに分けてまるめ、よく絞った濡れフキンをかけて20分のベンチタイム。 IMG_6906 IMG_6908

三つはパウンド型に入れる。残った一つはそのままで二次発酵。醗酵のちがいを見たかったから。 ここで気づいたが、レシピでは五つに分けている! あれえー、でも次のパン・オ・ショコラは4つに分けているので、比較するためにもどちらも4つに分けて二次発酵させることにした。

オープンの発酵機能を使って、40分二次発酵させる。
写真右下が発酵後の様子。チョコレートが解けてチョコレート色になっている。

IMG_6877 IMG_6883

200度に予熱したオーブンで20分焼く。レシピでは20分だが、実際にはもっと早い目にいい焼き色になった。ここは各自のオーブンの特徴による。 IMG_6885 IMG_6890

IMG_6896

同じ分量なのに、パウンド型のパンと一つ取り出したパンの大きさが違うことが分かる。

型に入れることによって、実の詰まったパンになっていることが理解できる。
左が中の様子。ちょよレートが完全に溶けてしまっている。

続いて、

パン・オ・ショコラ

IMG_20150627_0001

用意するものは、
強力粉 300グラム
塩 3グラム
砂糖 45グラム
生種 21グラム
水 96グラム
卵 30グラム
無塩バター 60グラム
バトンショコラ 60グラム

このパン・オ・ショコラを作るときも、水と砂糖を合わせて126グラムになるように水の量を調節した。
また、無塩バターの代わりにケーキ用マーガリンを使用。
チョコレートはブラックチョコで代用した。

IMG_6870

アメリカンブレッドで使っていた強力粉がなくなったので、生協で買ったホームベーカリー用強力粉を使用。

小麦粉によって味が変わるとよくパン作りの本に書かれている。それを確かめるために、いろんな強力粉で試してみるが、私の舌はその差が、残念ながらわからない。前回のアメリカンブレッドと作り方はほぼ同じ。

ホームベーカリーの捏ねる機能をつかって20分ほど捏ねる。
材料はいっぺんに全て混ぜあわしている。

IMG_6874 IMG_6875

室温で7時間ほど発酵させたものが下の左。前回のアメリカンブレッドと同じように四等分する。

IMG_6904 IMG_6905

濡れたフキンを固く絞っておおい、室温で30分ほどベンチタム。
三つはパウンド型のケースに、残った一つは皮革のため、丸めてかたちをつくる。

IMG_6908 IMG_6910

オーブンの発酵機能で30分発酵させる。コーヒー色になっている。
200度に予熱したオーブンて20分焼く。レシピでは20分だがここは各自のオーブンの特徴によるので、10分すぎから目で見て判断。

IMG_6912 IMG_6914

IMG_6918

パウンド型の入れていないパン生地は、ハサミで切れ目を入れておいた。
よく広がっているのが分かる。

前回のアメリカンブレッドと違って、チョコレートの固まりが残っているので、見た目にもチョコレート入りのパンであることが分かる。

 

IMG_6921

パンを割ってみると、全体がチョコレート色になっていることが分かる。 チョコレートの粒も残っており、レシピの写真に近づいたようだ。

アメリカンブレッド、パン・オ・ショコラ、どちらもチョコレートを使ったパン。全体が柔らかく出来上がり、家族の評判も良かった。

前回は食パン用の型に入れて作ったが、今回はどちらもパウンド型の入れて作った。見た感じは今回のパンのほうがよい。型に入れないパン生地の伸びが大きいことがわかって、なにかと収穫の多い、パン作りになった。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です