著作権とブログ

ブログでの著作権のことはしばしば話題になる。私が経験したことを事実経過そって記録しておく。なおメールなどでの個人的なことなどは削除したり改変してある。

3月23日に「マッサン」と題してブログを書いた。
そこに中島みゆきさんの「麦の唄」の歌詞を引用して記事にのせた。

4月7日付けの下のようなメールが届いた。

差出人: 日本音楽著作権協会(JASRAC) <notice@pop02.jasrac.or.jp>
題名: 【重要】JASRACから音楽の著作権手続きについて

メッセージ本文:
こちらは日本音楽著作権協会(JASRAC)です。

ウェブサイトで当協会が管理する楽曲(以下「管理楽曲」といいます。)の歌詞や音楽ファイル(動画を含む)を掲載する場合には、事前に当協会の許諾を得ていただく必要がございます。

あなたのウェブサイト
サイト名:雲外蒼天
サイトトップURL: ☓☓☓☓☓
該当URL(例): ☓☓☓☓☓
利用楽曲:麦の唄 / 中島 みゆき  JASRAC作品コード:☓☓☓☓☓

では現在、許諾を得ずに管理楽曲を利用されておりますので、
本メール受信後5日以内に
(1) 管理楽曲の利用を開始された時から現在までの利用期間分の清算手続
(2) 今後の利用許諾手続
をJ-TAKT(https://j-takt.jasrac.or.jp)より行っていただくようご案内いたします。

詳細については、以下ページをご確認ください。
http://www.jasrac.or.jp/network/copyright_notice/warning/
hpwebmasters.html

なお、本件についてメールでお問い合わせいただく場合は、
運営者名(ハンドル名)とサイトURLを必ずご記載ください。

一般社団法人 日本音楽著作権協会 調査部

私はブログの記事から「麦の唄」の歌詞を削除し、ブログを更新した。

再度歌詞を載せる気もなかったので、これまでの使用料だけを払うことにして、そのための手続きをどうすればいいのかメールで問い合わせた。
すぐに自動送信で

「担当部署より改めて回答させていただきます」

という内容の返答がかえってきた。
翌日の8日に次のような回答が送られてきた。

ご連絡ありがとうございます。
JASRAC調査部です。

ご質問につきましてお答えします。

過去の利用期間分の清算額につきましては、今後の利用許諾手続きと同様に、その利用方法、利用曲数、利用期間等により算定されます。必要な情報を、先にご案内したJ-TAKT(https://j-takt.jasrac.or.jp <https://j-takt.jasrac.or.jp/>)へ入力頂ければ確認できますので、よろしくお願いします。

以上
——————
一般社団法人 
日本音楽著作権協会(JASRAC)
 調査部(監視担当班)
——————

私は削除するまでの料金を知りたかったのだが、どうもまず最初に利用許諾手続きをしなさいということらしい。 指示されたホームページを読み、その手続をとった。
ここで一月分の料金がわかった。月の途中からの使用でも、一月分払いなさいということらしい。楽曲をブログにのせる期間、年間にするなどの申請をここですることもわかった。
私は3月23日からの使用だが、3月分として一ヶ月の代金、そして4月7日に削除したが4月分として一ヶ月の料金、計二ヶ月分を払うことになる。

最後に出てきたページがこれ。引用した部分の後半には、支払いについて、許諾番号、許諾マークのことが説明されている。

著作権1

パスワードは画面上でしか確認できないので記録はしっかりととっておく。ネットで許諾申込の手続きをすると、すぐに次のようなメールが送られてきた。

インターネットでの音楽利用にかかるJASRACへの許諾申込サービス
「J-TAKT( https://j-takt.jasrac.or.jp/ )」に、以下のご登録を
確認いたしましたのでご連絡いたします。
※申込手続きにはJ-TAKTへのご登録のほかに、申込書を郵送していただくことが必要です。

■ご登録内容

お名前 ◯◯◯◯
お申込年月日 2015年4月8日
ログインID ☓☓☓☓
※パスワードはJ-TAKTご登録時の画面上にのみ表示されます。

■お申込内容
———————————————————————–
ホームページ名 雲外蒼天
URL http://☓☓☓☓☓
配信形式 ダウンロード
ご利用曲数 1曲まで
ご利用期間 15 年 03 月 〜 15 年 03 月
———————————————————————–
ホームページ名 雲外蒼天
URL http://☓☓☓☓☓
配信形式 ダウンロード
ご利用曲数 1曲まで
ご利用期間 15 年 04 月 〜 15 年 04 月
———————————————————————–

J-TAKTご登録時に自動作成される「音楽著作物利用許諾申込書」をプリント
アウトのうえご捺印いただき、下記宛てにご郵送ください。ご登録時に申込書を
プリントアウトできなかった場合などは、J-TAKT(https://j-takt.jasrac.or.jp/)
ログイン後のメニュー「許諾申込書印刷」で再度印刷することができます。
JASRACでは申込書を受領後、内容を確認の上、許諾通知メールをお送りし、
後日許諾書類を郵送いたします。
なお、許諾番号の発行までにはしばらく日数をいただきます。お申し込み内容
の確認のためメール等でご連絡差し上げることもございますので、あらかじめ
ご了承ください。

— * — * — * — * — * — * — * — * — * — * — * — * — * — * –
〒151-8540 東京都渋谷区上原3-6-12
一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
送信部ネットワーク課 J-TAKT係

ネットで使用許諾契約はしたが、許諾申込書を郵送しないと料金の払込書が手に入らない。このホームページにある「許諾申込書はこちらから」を利用してプリントアウトする。
すぐに申込書に記入・捺印して郵便局に持って行き郵送した。
ここまでが4月8日のこと。

この後どんな手続になるかな、と連絡などがあるのを待っていると、4月23日にメールが来た。

お世話になります。JASRACネットワーク課◯◯◯と申します。

ホームページにおける音楽利用につきまして、
J-TAKTへのご申請と申込書をご提出いただき、
ありがとうございました。

5月以降についてはご申請をいただいておりませんが、
歌詞については現在削除されたということでよろしいでしょうか?

以上、ご確認よろしくお願いいたします。

===========================
一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
送信部ネットワーク課 ◯◯◯◯

私はすぐに「歌詞は削除したこと、今後も歌詞をブログに掲載するつもりはないこと」をメールで返信をした。
許諾証明の書類や料金の払込書はいつごろになるのかなあ、あとは待つしかない。

5月18日、「許諾通知」のメールが届いた。

音楽著作物利用許諾申込書をお送りいただきありがとうございました。
下記内容で許諾番号を発行しますのでご通知いたします。
(許諾マークは、本メールに添付しています。)
別途ご郵送する許諾書とあわせてご確認ください。

■ご登録内容

お名前 ◯◯◯◯
ログインID ☓☓☓☓

■許諾条件

———————————————————————–
申込日 2015年04月08日
許諾番号 J☓☓☓☓
ホームページ名 雲外蒼天
URL http:/◯◯◯◯
配信形式 ストリーム形式
ご利用曲数 1曲まで
許諾期間 15年03月〜15年03月
著作物使用料 162円
———————————————————————–
申込日 2015年04月08日
許諾番号 J☓☓☓☓☓
ホームページ名 雲外蒼天
URL http:/◯◯◯◯
配信形式 ストリーム形式
ご利用曲数 1曲まで
許諾期間 15年04月〜15年04月
著作物使用料 162円
———————————————————————–

○お支払いについて
許諾書に同封の払込票でお支払いください。コンビニエンスストアまたは
郵便局でお支払いいただくことができます(別途振込手数料を一部ご負担
いただきます)。お支払い期限は許諾書に記載されています。

○許諾番号・許諾マークの掲載について
許諾番号および許諾マークは、JASRACの許諾を証するものです。
許諾マークは、お申し込みいただいたサービスのトップページに掲載していただき、
許諾番号は許諾マークの下に「JASRAC許諾第****************号」と表記してください。

— * — * — * — * — * — * — * — * — * — * — * — * — * — * –
〒151-8540 東京都渋谷区上原3-6-12
一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
送信部ネットワーク課

著作権1 - バージョン 2

許諾マーク(左の写真にあるサンプルを参照)は、このメールに添付されていた。
ブログのトップにこのマークがあれば、ブログの記事内にある楽曲は著作権の手続きを完了しているということがわかるわけだ。

後は郵送されてくる許諾書や料金の払込書を待つだけである。

5月25日付の請求書が同封された、JASRACの封筒がようやく届いた。
中には、「音楽著作物利用許諾書(インタラクティブ配信)」と書かれた縁飾りのついたA4の書類、「ご契約者の皆様へ」と書かれた「許諾書/請求書の送付について」という書類、そして振込用紙がついた請求書が入っていた。

郵便局から料金を振り込む。振込手数料はこちら持ち。
二ヶ月かかった作業。1曲1ヶ月で162円というのは安いのか高いのか、さあどうなのだろう。
ブログにずっと楽曲をのせる年間契約をするとどれぐらいの費用がいるのだろうかと思うと、個人では負担するのは重荷だなあと私は感じた。

私が使った費用は切手代82円、振り込み料金374円(手数料込み)、その他に封筒代やプリンタのインク代などで100円玉5枚ぐらいか。
貴重な勉強をさせてもらった。

 

 

 

著作権とブログ” への2件のコメント

  1.  このブログに書かれていることを興味津津で読ませて頂きました。とても貴重な経験をされたと思います。著作権をとても身近に感じさせる内容でした。改めて著作権について考えさせられました。
     それにしても、日本音楽著作権協会のチェックもなかなか厳しいですね。楽曲にかかわっては特にきびしい環境なのでしょう。

     メールに「会」のメッサージを添付しました。よろしくお願いします。

    • いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
      歌詞の引用や本の引用など、気をつけなくてはならない点がありますね。
      プロバイダーによっては、包括ライセンスの契約をしていて、ブログ利用者が直接料金を払わなくてもいい場合があります。
      ・アメーバブログ
      ・Seesaaブログ
      ・textream
      ・Yahoo!知恵袋
      ・Yahoo!ブログ
      ・ライブドアブログ
      などです。私の利用しているプロバイダはその契約をしていなかったので(後から分かりました)、個人に責任がかかってきたわけです。
      自分の使っているブログのプロバイダサービスをしっかりと見ることも大事ですね。
      本当にいい勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です