桜の襖絵

 難波高島屋で開催されている高野山に納められる「桜」の屏風の原画を見に行った。

IMG_20150223_0003

IMG_4860

 「高野山祈りの美」と題しての展覧会。パンフレットには次のように書かれていた。 「2015年は、弘法大師空海が高野山に密教の道場を開いてから1200年目にあたり、高野山では春に執り行われる大法会を中心として、さまざまな行事が予定されています。記念行事の一つとして開催される本展覧会では、明治時代以降、歴史の節目を迎えるたびに高野山に奉納されてきた美術品の数々を一同に集めてご覧いただきます。なかでも現代日本がを代表する作家の中島千波氏が、今回の開創1200年にあわせて制作した金剛峯寺奥殿の襖絵12面は、本展で初めて公開されます。・・・・」

パンフレットの桜の一部を拡大すると、(クリックすると拡大する)IMG_20150223_0003

 桜の花びら一枚一枚が丁寧に描かれているのにびっくりする。
資料によるとこの桜の木のモデルは、宇陀の又兵衛桜、上賀茂神社の斎王桜、仏隆寺の千年桜だそうで、朝の又兵衛桜、昼の斎王桜、夜の千年桜と時間の流れも表されているそうだ。
インターネットでそのモデルとなった桜を調べてみた。

宇陀の又兵衛桜(Wikipediaより)
又兵衛桜

斎王桜(http://kyoto-k.sakura.ne.jp/index.html#kyoto
斎王桜

千年桜(http://www.tree-flower.jp/29/butsuryuji/sennenzakura.htm
千年桜

 どれもこれもすばらしい桜の木だ。

スケッチから実際の襖絵までどれくらの桜の花びらを描いたのだろうか。考えるだけでも気が遠くなりそうだ。

 桜の襖絵は以前にもこの高島屋の展示会でみている。
それは東大寺本坊の襖絵。
2011年の2月だった。この展示の後、4月に東大寺本坊に設置された襖絵も公開され、私はどちらも見に行く機会があった。ホールでの襖絵の原画を見た後、どうしても東大寺の襖になったその桜を見たかったからだ。
若い人たちと東大寺に咲くヤマザクラと襖絵の桜を見たことがもう6年も前の事になるのが嘘のようだ。この絵を描いた小泉淳作画伯が翌年の2012年に亡くなっていたことを知ってますます感慨深い。
youtubeにこの桜の襖絵の奉納のようすが紹介されていた。

https://www.youtube.com/watch?v=D9LJtj4I-Bw

東大寺襖絵1 東大寺襖絵3

桜はなぜか私たちの心をざわめかす花だ。
源氏物語も、梅よりも桜に関する記述が多い。
紫の上も、
 春のあけぼのの 霞の間より、
  おもしろき樺桜の 咲き乱れたるを 見る心地す・・
と表現されている。 

東大寺本坊の襖絵も公開される。

IMG_20150223_0005

いい機会だから行ってみようかと思う。

 

 

桜の襖絵” への2件のコメント

  1. 高野山には仕事(?)で行くことがあってもそれ以外で行くことはありませんでした。開創1200年を機にいろいろな企画をするようです。昨日の新聞(毎日)には「こうや」号が3月からドレスアップをすることがと載っていました。来年の2月までだそうです。この間に一度高野山に行ってみようと思います。
     パンフレットの桜のモデルの一本、仏隆寺の千年桜は以前見に行きました。夕方だったのでライトアップするまで待っていたことを思い出します。10年以上も前のことですが、その姿を思い出しました。

    • 風見鶏さんへ
      高野山といえば、私は小学校の時の林間学舎を思い出します。
      高野山で家あてにハガキを書いたり(ハガキの方が後から着くのにね)、奥の院への道が涼しかったこと、カレーライスがおいしかったことなどですね。
      風見鶏さんの高野山の写真を楽しみにしています。
      私は桜のシーズンには狭山池周辺や近くの公園の桜を撮ろうと思っています。
      マクロレンズがないので、風見鶏さんの梅の花のような写真は撮れませんが、チャレンジしてみます。また教えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です