三度豆の辛子和え

懐かしの給食レシピ 34

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。
そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。
レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。

今回のレシピは「三度豆の辛子和え」
レシピは以下のとおり。(画像をクリックすると拡大します)

IMG_20150209_0003

材料を用意する。三度豆200g、砂糖大さじ1、薄口醤油大さじ1、練り辛子1/2

IMG_4704

200gというと結構な量。

スーパー万代では2袋分だった。

ところで三度豆の名前では売ってなかった。商品名は「いんげん」。隠元和尚に由来するらしい。また年に3回収穫できるから「三度豆」ともいうらしい。

 

IMG_4706

三度豆の両端を切っておく。熱湯に塩を入れて塩ゆでをする。
塩の量は水1リットルに塩小さじ2位を入れて熱湯にする。
三度豆を入れて約1分半。この辺の時間はレシピによって様々。試食して少し固めのほうがシャッキリ感があると思う。ざるにあげて水道水でさっと冷ます。

 

砂糖大さじ1、薄口醤油大さじ1、練り辛子1/2を混ぜあわせ、三度豆にかけて和える。

IMG_4707 IMG_4710

IMG_4713小鉢にとりわけて、ゴマをかける。

4人分ということだが、少し多めの感じがした。
シャキッとした感じの噛みごたえ、辛子の風味がきいてお箸が進む。
気がつけば家族4人とも食べきってきた。

IMG_4751 

前回紹介したビビンバとの相性もよく、すべて完食。
つけたスープは、ビビンバに合うものとして「わかめスープ」。
ごちそうさまでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です