ベイマックス 3

IMG_20141223_0002

前回紹介した新聞記事の「判断基準が統計では機械に負ける」の部分が上。
ベイマックスも10000通りの医療データが内蔵されているという設定だった。

IMG_20141127_0001

さて現在のロボット(人工知能)は、東大の入試に合格することができるのだろうか。
新井先生のプロジェクトの現在の段階は、

 現在の「東ロボ君」の成績は、あるマーク式の模試では、科目数の少ない私立大学型なら、全体の7割の大学で合格率80%以上だというから驚きです。東大に特化した模試の数学では、問題文の言語処理で一部人の手を借りたものの、偏差値60を取りました。

ということだから、これは驚いていいことなのだろう。

ロボットが大学の入学試験を受けるっと言っても、人型のロボットが入学試験場に行ってテストを受けたわけではない。試験のデータをどんなふうに入力しているのかわかる写真がないので、具体的なことはわからないが、試験問題をデータ化しそれを解かせるのだろうと思う。
新井先生はこんなふうに説明されている。

ロボットに問題を解かせるためには、問題を何らかの形の「計算可能な関数」で表わさなければなりません。言い換えれば、関数で表せない問題は解けないのです。だから、「正しいものを選べ」という問題には答えられても、「間違っているものを選べ」はダメなのです。

意外な弱点はまだあります。東ロボ君は音声認識ができるので、英語のリスニング問題はほぼ完璧に聞き取ることはできたのに、正解できませんでした。「ケーキをクリームとブルーベリーでデコレーションする時、それぞれをどう飾るか」という会話を聞き、正しいイラストを選ぶ、という問題でした。しかし東ロボ君は、ブルーベリーとクリームで飾ったケーキを見たことがなかった! 人間なら生まれて初めて見たものでも判断できますが、ロボットはデータがないものはお手上げです。つまり、現在のロボットは、できること・できないことの差が極端なのです。

ブルーベリーのケーキ

前回紹介したように、コンピュータは図形認識が弱いのだ。
人間なら、見たこともないブルーベリーのケーキであっても、問題文から想像してブルーベリーの飾り方を判断することができる。しかし今のコンピュータはそれができないということなのだ。

(ブルーベリーのケーキの写真はインターネットより。またゴチックの記事は以下のホームページより引用した。

 

http://www.wakuwaku-catch.net/report%E6%96%B0%E4%BA%95%E7%B4%80%E5%AD%90-%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80/

英語のリスニングは音声認識によってなされることはわかるが、文章の読解はどのような工夫がなされているのだろう。本の説明をまとめてみると、読解の中でも問題文の傍線部分についての設問は、 次の三つのステップで解くという。

1.根拠領域抽出する。
 本文の先頭から傍線部を含む段落までを取り出す。(解答は傍線部分より前の段落にあるという考え方から)

2.選択肢の事前選択をする。
 5つの選択肢のうち、一番仲間はずれの選択肢を除外する。(5つの選択肢からまず1つを除外して四択にする)
その方法は、選択肢がどれくらい似ているかを計算する(解答の選択肢はほぼ同じような内容であり、あまりかけ離れている選択肢を探して除外するということ)
その方法は、何パーセントの文字が共通しているかを測る。
他の選択肢との平均類似度が最も低い選択肢を排除する。

3.照合
  根拠領域と選択肢で共通する文字数を計算する。共通する文字数の一番多い選択肢を解答に選ぶ。(なんとまあ! 文字の数を数えて、共通する文字数の一番多いもの、それを答えとする。えー、そんなんでいいの?)

小説は本文に書かれていない心情が問われているので、表面上に出てくる言葉を見ていても解けない。ではどうするのか。
その心情の部分に網をはってみる。感情をあらわす言葉に焦点を当てて、登場人物の感情のカテゴリー、楽しいのか、怒っているのか、悲しいのかで分類し、そのような心情語の辞書を用意する。そして本文と、選択肢に現れる心情語を見つけ、それらの感情カテゴリが一致したなら、その選択肢にボーナス点を与える。こうやってみると半分くらい解けるという。

本文を理解して設問に答える、というのではないのだ。意味を理解するというのはコンピュータはとてつもなく難しいことなのだ。だから統計的な手段を使って、「近似する」というのがコンピュータの方法なのだ、ということがわかった。
そしてこの「近似」の精度を高める研究と作業が行なわれているというわけだ。

ベイマックスもヒロたち人間の感情がわかって応答しているわけではないことは、映画の前半ではよくわかる。しかし、人間の感情移入によってベイマックスが心のケアをしてくれているように感じてしまう。そこが重要なのだと思う。
もう少し考えてみたい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です