冬の満月の高度は高い

1月5日の朝日。

IMG_4149

この日は満月だった。

IMG_4177

朝日と満月、どちらもiPhoneで撮った写真。

左の月の出の写真の真中付近に白く光っているところが、上の写真の道路の奥になる。
日の出と月の出の場所が大きく違っている。
実は太陽と月の出没地点はほぼ正反対の動きをする。

 

IMG_4188

冬の満月の特徴は、その高度が高いことにある。
冷えきった冬空高くに満月が輝いている。

冬の中天高く輝く満月が、どうして中秋の名月のように話題にならないのか、その理由の一つに昔の住居の事情にあるそうだ。
縁側に座り、軒や庭の向こうにある塀越しに見える、9月の満月が適度な高さにあるからだと言われている。
これよりも高過ぎると、家の軒に邪魔されて月が見えない、低すぎると塀に邪魔されて見えないというわけ。

ではどうして冬の満月の高度が高いのだろう。 

IMG_20150106_0001

この図は地球から満月が見える位置を、極端に誇張して書いた図。 太陽と地球の距離はもっと離れているし、太陽、地球、月の大きさも全くでたらめ。 でも、地球から満月が見える説明には使える。太陽ー地球ー月と並んだ時、地球の夜の空に満月が見える。
上の図の左が夏、北極や北半球にたっぷり太陽の熱や光が注ぎ込む。
右は冬。北極は白夜になる事がわかるだろう。
正確には月の地球を周る公転面は、地球の太陽を回る公転面に5度ぐらいの傾きがあるが、この説明の場合はほぼ一緒とみなしても良いので、図のように一直線上に並べて書いてある。
赤で日本の位置を書いてあるが、夏には太陽が真上近くにあり、冬は夏に比べて低いところに太陽があるのがイメージできると思う。この図では地球軸の傾きが分かるように書いたが、人間の立場から見た図として、回転軸がまっすぐになるように傾けて見よう。

IMG_20150106_0003

こうしてみると、夏の太陽が高くにあり、冬の太陽が低い位置にあることがさらにイメージしやすいと思う。

さて、月の高度に戻って考えてみよう。
満月は、太陽ー地球ー月と一兆戦に並んだ時に起こる現象。
つまり、太陽と月は地球を挟んで正反対の方向にある。

与謝蕪村の名句
  菜の花や月は東に日は西に

にあるように、満月の時は日没と同時に月が昇ってくる。
満月は太陽の光を全面に反射しているからだ。

ということは、太陽の高度が高い季節の満月の高度は低く、逆に太陽の高度が低い季節は満月の高度が高いということが分かるだろう。
つまり、冬の満月の高度が高いのは、太陽の高度が低いからなのだ。
日の出と満月の月の出を見ることができたので、日頃から疑問に思っていたことを考えることができた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です