天然酵母でパンづくり 22

コロネ(中種法)

IMG_6654_2

今回は熊崎朋子さんの本、「夜仕込んで朝焼きたてを食べるおいしい天然酵母パン」からのコロネ。 このパンには、本によるとコロネ型という型が必要。 スーバーなどの売り場で見てもそんなに安いものではない。毎日作るわけでもないので、作るのを後回しにしていたが、ネットでコピー紙を使ってコロネ型を作るのがあった。それならできそうとチャレンジしてみた。

「手作り、コロネ型」で検索するといろいろな作り方が紹介されているので、気に入ったやり方で作ることができる。 いろんな方法があるが12個ほどつくっておく。

IMG_7710 IMG_7711

IMG_6657 材料は、
ボウル大・・・強力粉150g
計量カップ・・・水90g+牛乳40g+酵母15g
ボウル小・・・強力粉140g+塩5g+砂糖25g
バター・・・25g 卵黄・・・1個分
蜂蜜・・・15g

 

IMG_6664 IMG_6666

 ボウル大に、水、牛乳、酵母を入れてまぜる。

ラップをして温かいところに3〜5時間おく。(私は冬の場合は発泡スチロールの箱に入れて保温。温度が低い場合はそのままコタツの中に入れたり、発泡スチロールの箱にお湯の入ったコップを入れるなどして温度を保つ) 

IMG_6668

IMG_6678

3〜5時間発酵させたものに、ボール小の小麦粉(塩、砂糖が入っている)にバター、卵黄、蜂蜜を入れて混ぜる。
4,5分こねて、ラップをして冷蔵庫で一晩発酵させる(6時間〜24時間)
上の写真左が発酵前、右が12時間冷蔵庫で発酵させたもの。それほど大きくはなっていない。

IMG_6680 IMG_6682

冷蔵庫から出した生地をめん棒で、30cm✕20cmほどに伸ばす。

IMG_6686

ナイフなどで1.5cm〜2cmの幅の帯状に切り、生地を少し手で引っ張るようにしてコロネ型に巻きつける。
オーブンシートを敷いた天板に並べ、温かい所で乾かないように40分〜50分おいて二次発酵させる。私はオーブンの発酵機能を使った。

IMG_6689

IMG_6694

溶いた卵白をはけで生地に塗る。ゴマをふりかけておく。

IMG_6695

170度に予熱したオープンに入れて、約8分焼く。

型から外して予熱を取る。

コロネの中にいれるフィリングは、この本では豆腐とレンコンのフィリングが紹介されている。

 

IMG_6674 IMG_6676

材料は、木綿豆腐、レンコン、ハム、粒マスタード、オリーブオイル、塩、酢。 豆腐は水切りをしておく。レンコンは1cm角に切って酢と塩ひとつまみを入れてお湯でゆでて、水気を切っておく。 ハムは1cm角に切っておく。ボウルに豆腐を入れて潰し、粒マスタード、オリーブオイル、塩、ハム、レンコンを入れて混ぜる。

IMG_7737

IMG_7742

レンコンと豆腐のフィリングも新鮮味があっておいしかったが、やはり甘いフィリングもほしい。

市販のクリームと餡をかってきてコロネに入れてみる。

サクサク感としっとり感のある出来上がりだ。おやつになりそう。

でも、冷蔵庫で一晩寝かすのは時間がかかったけれど、美味しさにはかえられない。
手間と暇をかけておいしいパンを食べよう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です