はやぶさ2の発射近づく

12月1日(月)13:22:43(日本時間)

はやぶさ2その1

天候不順のために延期になっていた「はやぶさ2」の発射が12月1日と決まった。
お天気が心配だ。再度の延期があるかも知れない。焦らずに、最高のコンディションで打ち上げが行なわれてほしい。

29日に、大阪市科学館に行った。
「はやぶさ2」の企画展があったためだ。

IMG_3608

科学館のエントランスホールには、実物大の「はやぶさ2」の模型が置いてあり、雰囲気を盛り上げている。 科学館4階には「はやぶさ2」の探査計画をイラストや模型、実物資料で説明されているコーナーもあった。 IMG_3649
これは日本の誇るイオンエンジンの実物モデル。 「はやぶさ2」を覆っているサーマルブランケット(金色をしたラップのようなもの、太陽光線から探査機を守っている)、はやぶさ帰還カプセル方位探知アンテナなど、普段目にすることのできない資料が展示されていた。

 

IMG_20141129_0001

ミュージアムショップで買った「はやぶさ2」のパンフ。
定価100円・税込みだからお買い得。
中には「はやぶさ2」のミッションがわかりやすく書かれている。
詳しい内容は、実際に「はやぶさ2」が打ち上げられた時に説明したい。

プラネタリウムでも「はやぶさ2」の航海の動画が上映された。これが楽しみでプラネタリウムに行ったようなもの。
以前に「はやぶさ」が打ち上げられた時にも同様の動画が上映されたが、今回も誰にもわかるようにつくられていた。
小学生のこどもをつれた親子連れが目立つ。若いカップルの姿も多かった。
「はやぶさ2」のミッションは、
2014年12月・・・打ち上げ、太陽の周回軌道に。
2015年12月・・・地球に近づき地球スイングバイを実施し、小惑星1999JU3をめざして飛行
2018年夏・・・小惑星1999JU3に到着。1年半をかけて小惑星の周りをまわり観測。探査、岩石の採取。
2019年末・・・地球に向けて出発
2020年12月・・・地球に帰還。岩石の入ったカプセルを投下。はやぶさ2の本体は地球を通り過ぎ、次のミッションを待つ。

IMG_20141129_0002

上の写真は、「はやぶさ」が地球に帰還し、カプセルを届けた年に行なわれたJAXAでの公開展示の時のもの。
2021年には、これと同じょうな公開展示が行なわれるに違いない。
とにかく、12月1日の打ち上げ成功を祈るのみだ。

*夏に見た日時計は、周りの雑草がきれいに刈り取られていた。
IMG_3668

科学館の職員に、日時計の展示についてたずねたら、「結晶の特別展のため今は移動して展示されていないようです」と回答があった。

 

 

はやぶさ2の発射近づく” への2件のコメント

  1.  はやぶさ2は残念ながら再延期になりましたね。ニュースを見ていると種子島は風が強いように見えました。
     今日、退職者会(市内西地区)の行事で市立科学館に行ってきました。プラネタリウムの説明でもはやぶさについて触れられていました。碧空のの空さんを羨ましがらそうと思っていましたが、碧空の空さんの方が一足先に行かれたのですね。さすがです!
     退職者会の事務局のHさん、Kさんとも久しぶりにお会いしました。
     一眼レフの撮影で絞り(F値)ですが、近くの花などを撮る時は小さい数(絞りを開ける)にすると背景がボケます。大きい数字(絞りを絞る)ではピントのあう所が広くなります。遠くの景色を撮る時には大きい数字で撮ります。紅葉で透過光で撮る時はその間の数字ということになります。ちなみに通常でも7から9あたりで撮るといいようです。

    • 風見鶏さんへ
      そうですね。三日になりましたね。
      でも最高のコンディションで打ち上げてほしいので、楽しみに待ちます。
      一度実際のロケット発射に立ち会いたいのですが、延期、延期となると宿泊も大変だなあと思います。
      写真の露出は私にとっては頭の体操です。がんばってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です