カナダ・赤毛のアンツアー 40

ベーキングパウダービスケット

今回も引き続いてモンゴメリさんのレシピによるスイーツ。
それは「ベーキングパウダービスケット」。
ベーキングパウダーだけなので簡単そう。
モンゴメリさんのレシピは次の通り。

12個分
万能小麦粉(計る前にふるう)・・・2カップ
ベーキングパウダー・・・小さじ4
塩・・・小さじ1
ショートニング・・・大さじ2
バター・・・大さじ2
牛乳・・・3/4カップ 

IMG_3182 IMG_3184

レシピどおりに計る前に小麦粉をふるっておく。
ここにある万能小麦粉(all purpose flour)とは、
「カナダでは、タンパク質含有量の高いhard wheat(硬質小麦粉)100%から作られていますが、「カラー版世界食材事典(柴田書店)には、hard wheat とsoft wheat(タンパク質含有量の低い軟質小麦粉)の異なる種類の粉を混ぜて作る、とあります。中力粉と考えてよいようで、「英和料理用語小辞典」(トレヴィル)には日本の強力粉と薄力粉を半々に合わせた粉、とあります。パンからペストリーまで幅広く使えるので、“万能“とついていますが、前書には、しかしながらパンには硬質小麦粉、ペストリー(パイやタルト等)とケーキには軟質小麦粉を用いるほうが結果は良い、とありますし、カナダのall purpose flourは硬質小麦粉100%で作られているということもあり、パンには日本の強力粉(またはパン専用粉)をつくうほうがようでしょう。」と書いてある。
ということで、私はフランスパン用粉があったのでそれを使うことにした。

IMG_3186 IMG_3188

IMG_3190

 

ベーキングパウダー、塩を混ぜてからふるう。

バターがなかったのでマーガリンで代用し、ショートニングを加えて混ぜる。

 

IMG_3191 IMG_3194 IMG_3200

 レシピ本には、フォークを使って混ぜる、と書いてある。やってみてもなんとなく上手く行かない感じ。 以前やったように、ここはフードプロセッサーの出番だと思った。
ポイントは、混ぜすぎないこと。二三回スイッチを押して、撹拌する。

 

IMG_3204

IMG_3205

冷たい牛乳をここにくわえる。
ここも混ぜすぎないように。 混ぜすぎるとサクサク感がなくなるらしい。

IMG_3208 IMG_3210 IMG_3213

粉を振った台の上で、厚さ2.5cmぐらいに伸ばす。

レシピには直径3cmの大きさに抜く、とあったので、それくらいのコップを探しだしてそれで写真のようにくり抜いていった。
クッキングシートの上に並べる。

 

IMG_3216

IMG_3218 

230度に予熱したオーブンで12分〜15分焼きあげる。 この時、温度は230度位の高い温度のほうが、仕上がりは良いそうだ。

IMG_3223 さあできあがり。思ったより短時間で出来た。
モンゴメリさんの本には、「オーブンからあつあつのまま出すのが一番です。朝食から夕食まで、どの食事にも合うビスケットです。」とある。 まさしくそのとおり、ひとくち食べると、なんとなく懐かしい味が口の中にひろがる。昔風のビスケットの味だった。

この「赤毛のアンレシピノート」には、モンゴメリさんの日記からの文章がのせられている。
そこには、祖父母のチーズ作りの様子や祖母との調理の楽しさがつたわってくる筆致で書かれていた。モンゴメリさんと祖母の関係は「厳しすぎる祖母」という印象をこれまでもっていたが、食事作りやお菓子作りを教えてもらうことが楽しかったように私には思えた。

この本に、モンゴメリさんのこんな文章がのっていた。
「もし私が作家という憐れな職業でなかったら、
       すばらしい料理人になっていただろう。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です