天然酵母でパンづくり 17

チョコレートの入ったパン パン・オ・ショコラ

IMG_20140903_0001

今回は、増沢恵子さんの「天然酵母の食事パンとお菓子パン」(文化出版局)のレシピにしたがってつくってみよう。

この本には栄養たっぷりのパンが紹介されている。では、チョコレートたっぷりのパン・オ・ショコラをつくってみろことにしょう。

強力粉・・・300g(100%)
塩・・・3g(1%)
砂糖・・・45g(15%)
生種・・・21g(7%)水・・・96g(32%)
たまご・・・30g(10%)
無塩バター・・・60g(20%)バトンショコラ・・・           60g(20%)

この本の特徴は、材料の成分比が書いてあること。これがあると粉の分量に合わせて他の材料の分量を考えることが出きる。

IMG_1474 IMG_1506 IMG_1537

必要な材料を用意する。
たまご1個の重さを測り、水とあわして117gになるように水の量を調節した。

ホームベーカリーのこねる機能をつかって、材料こねる。途中でチョコレートをいれて、全体として20分ほどこねた。

 

IMG_1543

IMG_1648

レシピには、28度で6時間の一次発酵、となっている。夏は室温が高いので、もう少し早い時間になる。 写真の左が発酵前、右が5時間ほどおいた様子。 

IMG_1650

IMG_1653 

IMG_1654

 

4等分して、ぬれたフキンをかぶせて20分ほどのベンチタイムをとる。

ベンチタイム後の様子。 それほど大きくならない。

IMG_1656

 

 

油をぬった型にベンチタイムをおえたパン種をいれる。

30分ほど室温での二次発酵。
わたしは、オーブンの発酵機能をつかって発酵させた。

 

IMG_1661 

200度に温めたオーブンに約20分焼く。

焼きあがったらすぐにとりだし、あみの上に置く。

IMG_1665

 

 

15分ぐらいで焼き上がりの色も良くなっていたので、こげないようにアルミホイルで上部をおおい、さらに5分焼き上げた。

まわりがしっかりと焼けている。でも中身はしっとり。

チョコレートパンだ、と娘が喜んで食べた。
次の日にはおやつがわりに職場にもっていった。
よほど気に入ったのだろう。
たまご、バター、チョコレートとカロリーたっぷりのパンのできあがり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です