カナダ・赤毛のアンツアー 31

アンとジャガイモ

IMG_20140813_0001

この写真は 松本侑子さんの「赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行」からとったもの。私たちがプリンスエドワード島に行ったのは、初春だからこれからジャガイモが植えられる時だった。収穫の様子を知りたかったので、さがしてみるとちゃんと松本侑子さんの本にあった。

プリンスエドワード島の名産物ジャガイモは、「赤毛のアン」ではどのように書かれているのか気になって調べてみた。

「赤毛のアン」「アンの青春」「アンの愛情」の3冊を調べてみた。 

IMG_20140811_0003

第4章

“I never in all my life saw or heard anything to equal her,” muttered Marilla, beating a retreat down to the cellar after potatoes. “She is kind of interesting as Matthew says. I can feel already that I’m wondering what on earth she’ll say next. She’ll be casting a spell over me, too. She’s cast it over Matthew. That look he gave me when he went out said everything he said or hinted last night over again. I wish he was like other men and would talk things out. A body could answer back then and argue him into reason. But what’s to be done with a man who just LOOKS?”

(訳は松本侑子さんの本から。)
「こんな子は、金輪際、知らないね」マニラはつぶやきながら、馬鈴薯を取りに地下貯蔵庫へ退却した。「マシューの言うように、確かに面白い子ではあるがね。私ときたら、今ではあの子が次に何を言い出すか、心待ちにしている有り様だ。どうやら私にも、魔法をかけるつもりかね。マシューはすっかりかけられてしまったけどね。朝、畑に出かけた時の兄さんのあの顔つきといったら、ゆうべ兄さんが口にしたり言葉にしないまでもほのめかしたことを、今度は顔つきでしてみせるんだから、引き取りたいってね。兄さんもせめて、世間並みの男くらいには胸の内を口にしてくれると、こちらも言いかえしたり、理にかなうように説きふせることもできるけど、顔つきでしかものを言わない男なんて、どう対応すればいいのかね」

第16章

“No. The sitting room will do for you and your company. But there’s a bottle half full of raspberry cordial that was left over from the church social the other night. It’s on the second shelf of the sitting-room closet and you and Diana can have it if you like, and a cooky to eat with it along in the afternoon, for I daresay Matthew’ll be late coming in to tea since he’s hauling potatoes to the vessel.”

「いいや、あんた方は居間だよ、でも、先だっての晩、教会の集まりに出した木苺水が瓶に半分残っているよ。今の戸棚の二段めにあるから、よかったらダイアナとお飲み。おやつにクッキーと一緒に食べてもいいよ。というのも、マシューはお茶には遅れるだろうからね。船にじゃが芋を積みに出ているんだよ』

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

“How is your mother?” inquired Anne politely, just as if she had not seen Mrs. Barry picking apples that morning in excellent health and spirits.
“She is very well, thank you. I suppose Mr. Cuthbert is hauling potatoes to the LILY SANDS this afternoon, is he?” said Diana, who had ridden down to Mr. Harmon Andrews’s that morning in Matthew’s cart.
“Yes. Our potato crop is very good this year. I hope your father’s crop is good too.”

「お母様は、ご機嫌いかが?」アンは澄ましてたずねた。まるで今朝、パリー夫人が元気溌剌として林檎をもいでいたところなど、見なかったというように。
「おかげさまで、とても元気ですわ。そういえばカスパートさんは、今日はリリー・サンズ号にお芋を積みにお出かけでしたわね』ダイアナも言った。彼女の方は、朝方、マシューの荷車にのせてもらって、ハーモン・アンドリュースさんのところまで行ってきたのだが。
「ええ。そうですの。今年はお芋の収穫がとてもいいんですの。お宅のお父様のお芋も、良い出来だといいですね」

 

IMG_20140811_0004

第16章

“Then I’ll have peas and beans and creamed potatoes and a lettuce salad, for vegetables,” resumed Anne,

「野菜料理にはエンドウ豆といんげん豆、ジャガイモのクリーム煮、レタス・サラダをお出しするわ」アンが話をもどした。

第17章

Then the girls tripped out to the kitchen, which was filled with appetizing odors emanating from the oven, where the chickens were already sizzling splendidly. Anne prepared the potatoes and Diana got the peas and beans ready. Then, while Diana shut herself into the pantry to compound the lettuce salad, 

アンとダイアナが軽やかな足どりで台所へ行くと、オーヴンではローストチキンがこんがり焼けてじゅうじゅう音をたて、おいしそうな匂いがたちこめていた。
アンはジャガ芋を下ごしらえした。ダイアナはグリーンピースとインゲン豆の支度にとりかかり、それから配膳室に閉じこもって、レタス・サラダの材料をまぜにかかった。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

“Yes,” said Anne, mashing the potatoes with the air of one expected to do her duty.

『入れたわよ」アンは、その義務を果たすよう期待されている人のような悲壮なそぶりでジャガ芋をつぶしていた。

 

IMG_20140811_0005

第4章

“Wait till next year,” comforted Priscilla. “Then we’ll be able to look as bored and sophisticated as any Sophomore of them all. No doubt it is rather dreadful to feel insignificant; but I think it’s better than to feel as big and awkward as I did?as if I were sprawled all over Redmond. That’s how I felt?I suppose because I was a good two inches taller than any one else in the crowd. I wasn’t afraid a Soph might walk over me; I was afraid they’d take me for an elephant, or an overgrown sample of a potato-fed Islander.”

「来年まで待つのよ」プリシラが慰めた。

「そのころには、あの二年生たちのだれよりも、あきあきして世なれした顔もできるわ。小さな存在だって感じるのは、たしかにつらいけど、私みたいに、図体が大きくて、不格好だって気がするよりましよ・・・だって、大勢の中で、私だけ、背丈が二インチ(約五センチ)は高かったのよ、さすがに、二年生に踏みつぶされる心配はないけれど、像と間違えられるんじゃないか、とか、ジャガイモばかり食べて、でかくなりすぎたプリンスエドワード島民の見本だって思われやしないか、きがかりだったわ」

 

第11章

Late as it was Aunt Atossa was cutting potato sets in the Wright kitchen. She wore a faded old wrapper, and her gray hair was decidedly untidy. Aunt Atossa did not like being “caught in a kilter,” so she went out of her way to be disagreeable.

遅い時間というのに、アトッサおばは、ライト家の台所で、種イモにするジャガイモを切っていた。色のさめた古い部屋着をきて、白髪頭は、ぼさぼさだった。「無理して感じよくふるまう」のが嫌いで、わざと無愛想にするのだった。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

”・・・I’m in a hurry to get these spuds done tonight. I suppose you two LADIES never do anything like this. You’d be afraid of spoiling your hands.”

“I used to cut potato sets before we rented the farm,” smiled Anne.

“I do it yet,” laughed Diana. “I cut sets three days last week. Of course,” she added teasingly, “I did my hands up in lemon juice and kid gloves every night after it.”

「・・・今夜中に、急いでイモをかたづけちまうんでね。お嬢さんがたは、こんな仕事はしたことあるまいね。手が荒れるんで、いやなんだろ?」

「畑を貸しに出すまでは、私もよく種イモを切りました」アンはほほえんだ。

「私なんか、今でもしてるわ」ダイアナが笑った。「先週は三日も」それから茶目っ気たっぷりにつけ加えた。「もちろんそのあとは、毎晩、両手にレモンジュースを塗って、子ヤギの革の手袋をはめるのよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「赤毛のアン」「アンの青春」「アンの愛情」の三冊から「ジャガイモ」の文字があるところを抜き出してみた(見つけ出せていないところもあるかも知れないが・・)

ジャガイモがアンやプリンスエドワード島に住む人にしっかりと根ざしていることがよく分かる。

とりわけ「アンの愛情」では、アンやダイアナが種イモを切って、家の仕事を手伝っていたことがえがかれている。
あの広い赤土のジャガイモ畑に植える種イモは、何百、何千個になるだろう。
きっとグリーンゲイブルズの納屋で、アンは何日も何日も種イモを切ったのだろうと想像すると、違った意味で「赤毛のアン』の世界が身近に感じられる。
そしてアンもダイアナもその仕事を全く嫌がっていなかったことが読み取れる。
カナダの人たちは、自分たちの生活と重ねあわせながら、微笑みもうかべて読んだに違いない。そこが「赤毛のアン』の魅力かもしれないと思った。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です