カメラ・オブスクラ 1

フェルメールのカメラ箱

とてもすぐれものの工作キットの紹介。「フェルメールのカメラ箱」というもの。

IMG_0111

IMG_0108

箱の裏の説明にはこんなことが書かれている。

フェルメールのカメラ箱
●カメラ・オブスキュラの簡易組み立てキットです。
●カメラ・オブスキュラを手軽に体験することができます。
●のり・はさみなど組み立てに道具は必要ありません。

カメラ・オブスキュラとは?
●カメラ・オブスキュラとは、現在のカメラの原型となった道具です。箱の前面にあるレンズを通して光が入り、反対側のガラスなどに映像が映し出されるというしかけになっています。映しだされた映像を紙に描き写すことで,正しい構図の絵を描くことができます。(ただし、挿絵のような形式は、画像が左右反転して映しだされますj。本商品も映像が左右反転します。)16世紀以降、オランダのフェルメールをはじめとする多くの画家がカメラ・オブスキュラを用いて絵を描いたと言われています。

さっそく作ってみよう。下の写真がキットの中身。手順に従って作る。

IMG_0113

 

IMG_0146

IMG_0152

IMG_0157

IMG_0159 

三つの箱を組み立て、カメラの形にはめこんでいく。

IMG_0164 IMG_0166

IMG_0173

これができあがり。光が入らない工夫もしてある。 さて、どんなふうに見えるのだろう。 IMG_0206

IMG_0210

これはなかなかのスグレモノではありませんか。 この組み立てキットの大きさは、10✕21.5✕2(単位はcm) カメラ自体の高さは14cmくらい。 たいへんハンディなもの。

これから少し、カメラ・オブスクラのことを調べてみよう。

この「フェルメールのカメラ箱」の詳しいことは、以下のホームページで。

http://www.kokuyo-shop.jp/shop/ProductDetail.aspx?sku=4901480275864#.U7VSf6jKKIs

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です