天然酵母でパンづくり 15

IMG_0290

バターロール
(ストレート法)

お手本の本は、私がホシノ天然酵母でパンを作るきっかけになった本。

昭和56年10月25日発行
マイライフシリーズNo138
グラフ社発行 650円

そのなかから、バターロールをストレート法で作ってみる。

材料は、
強力粉・・・500g
卵(大)・・1個
砂糖・・・大さじ3
塩・・・小さじ1
バター・・・50g
生種30g+水220gであわせて250g

IMG_0217

IMG_0219

卵は全卵をまぜて、茶こしでこす。さいごに塗る分を分けておく。

IMG_0223

IMG_0226

ホームベーカリーのパン種をこねる機能を使うことにする。先に水220gを入れてから、全ての材料を入れる。塩と生種が直接触れないような配置にした。スイッチを押して約20分。

IMG_0229

IMG_0264

発泡スチロール製の箱に入れて約4時間。右が発酵後の様子。時間はめやす。これぐらいの大きさになればよい、と判断した。

IMG_0267

IMG_0269

20等分し、まるめたあとは乾いたフキンをかけて、10分ほど休ませる。

IMG_0271

IMG_0273

底辺5cm、高さ25cmぐらいにのばし、下からゆっくりと巻いていき、最後の部分を下になるように、オープンシートを敷いた天板に並べる。

IMG_0279

 

オーブンを発酵温度にして、天板をいれて40分。二次発酵させる。

左の写真が40分発酵させた後の様子。

全体的にふっくらとしている。

IMG_0285 

のこしておいた溶き卵を二次発酵した生地の上にぬる。
焼き色をつけるため。

オーブンは200度に予熱する。

200度のオーブンに10分入れて焼く。

IMG_0286

IMG_0299

はい、できあがり。

 

レシピでは10分だが、焼き上がりにむらがあったので、200度でさらに4分焼いたのが上と左の写真のバターロール。

表面もパリっとしながらもやわらかく、食べた食感もとてもいい。
バターはたまたま冷蔵庫に発酵バターがあったのでそれを使った。そのためか、バターの風味が感じられる、気がする。
テーブルにおいても、見栄えがするパンにしあがった。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です