カナダ・赤毛のアンツアー 14

_MG_0461 _MG_0463 IMG_4168

IMG_4169

ここはニューロンドンにある「赤毛のアン」の作者・モンゴメリさんが誕生した家。

_MG_0482

上の写真はモンゴメリさんが生まれた2階の部屋。
1874年11月、父ヒュー・ジョン・モンゴメリ、母クララ・ウルナー・マクニールのもとで誕生。父は日用品全般を扱うゼネラルストアを営んでいたという。 

_MG_0467

_MG_0484

左の写真は当時の最新式の薪ストーブ。上段にパン、ケーキ、クッキーなどを焼くオーブン、中段に煮炊きの鍋とポットを載せられる台。下段にはアイロンを暖める台があり、暖房器具としてだけでなく一台何役ものすぐれもののストーブだった。アンの家を再現したグリーン・ゲイブルズにも同じ形のストーブがある。
私は薪ストーブをどのようにして、パンを焼いたり煮炊き物をしていたのか想像できなかったが、このストーブを見て納得した。しかし、温度計もない普通の家で、どうして適温を知ることができたのだろう。それは経験からくるのだろうか。

右の写真はモンゴメリさんがつくったスクラップブックの実物。色があせてきているが、写真や新聞記事などを丁寧に切り抜き、スクラップしたもの。モンゴメリさんの当時の思いや願いが100年の時を超えて伝わってきそうな気がする。 _MG_0475

1876年母クララは肺結核のため23歳でなくなる。モンゴメリさんは2歳になる前だった。父はモンゴメリさんを妻の実家、マクニール家に預け、本土にわたる。
ここからモンゴメリさんのキャベンディッシュでの生活がはじまる。
幼くして母をなくし、父がいないということが、「赤毛のアン」創作の背景にあると言われている。
モンゴメリさんの生い立ちを追って、パーク・コナーに向かう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA