iMac SDカードにご注意

IMG_9575

IMG_9563

わたしのIMac は4年前に買ったもの。
ディスプレイの右側側面に、CDとSDカードの挿入口がついている。
スリムなデザインによくこの二つが収まっている、と感心するところ。

このように狭い所に二つの挿入口がある。
DVDを見るときや、CDを聞く時は上のスロットルに差しこむだけ。
写真のデーターが入ったSDカードは下のスロットルに入れる。
間違えることのない大きさだから、つい下を向いて、別の作業をしながらSDカードを入れることになることが多い。

写真をとってきたので、SDカードからデーターをパソコンに入れようと、少しつかれた体で作業をしていた時、なんとSDカードを上にあるCD-ROMのスロットに入れてしまったのだ!

あーっ、と思う間もなくSDカードがスルッとCDの入り口に吸い込まれれしまった。

どうしょう。

同じような失敗をした人がいるに違いない、とネットで検索。
あった、あった。やっぱりいるんだ。と少し安心してそこに紹介してある方法を試してみる。・・・だめだー。
構造がわからないので、これ以上さわると中に傷がいっては大変。
涙をのんで心斎橋にあるiMacのショップに電話する。
持って行って診てもらうしかない。相談してみると、なんばCITYにあるカメラのキタムラにサービスセンターがあることがわかる。これはありがたい。車で持っていける。

imacside

なんばCITYの地下一階にカメラのキタムラがある。ここにマックのサービスセンターがあるとは全く知らなかった。次の日に持って行ってみてもらう。係の人も別室で取り出す作業をされたがだめだったので、修理センター送りになった。
「費用はどれくらい?}
「26000円の見積もりです」
(内心、えーっそんなにかかるのか、でもしかたがないなあ。とつぶやく。}
係の人が続ける。「この作業は本体の前から部品を取り外していきます。ディスプレイにホコリがつかないようにクリーンな状態で作業をしますが、ホコリが付く可能性があります。そうならないためにクリーンルーム等の特別な方法を使いますとホコリはつきませんが、費用は30000円以上プラスされます。」
「えーっ、そうしたら5万円以上する、というこ?」と思わず声に出して言う。

話を聞いてみると、今のiMacは写真のようにもっとスリムになり、ディスプレイの横からCDもSDカードも入れないimacsdcard

SDカードは本体の後ろから入れるようになっているそうだ。CD-ROMは外付けのオプションになっていると聞いた。
デザインの変化だな。SDカードをCD-ROMの入れるトラブルもこのデザインの変化のきっかけになったのかもしれないなあ。

26000円でお願いする。
三日目に電話があり、修理完了。SDカードも無事に取り出せた。
費用は22000円になって、ちょっと笑いが出る。
でも、突然の出費はこたえた。

SDカードに注意ですよ、iMacを使っている人。あっ、新型のiMacを使っている人には無縁のことか・・・。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA