落語笑励会 in 繁昌亭

IMG_20140523_0001

IMG_9237

天満天神繁昌亭での若手による「落語奨励会」。
演目は、
兵庫船・・・林家染吉
米揚げ笊・・・笑福亭仁嬌
猫の茶碗・・・笑福亭扇平
天神山・・・桂 文喬
中入り
紙入れ・・・桂 三歩
くっしゃみ講釈・・・笑福亭扇平

「兵庫船」では、“いろはの、いの字と掛けて”“上げまひょ”“これをもらいますと、船頭さんの手と解く”“心は”“櫓の上にあると”、という「なぞかけ」、「米揚げ笊」では縁起のいい言葉を出し続ける面白さ、「猫の茶碗」では、「高麗の梅鉢茶碗は高価な茶碗」、「天神山」では「恋しくば尋ねきてみよ南なる天神山の森の中まで」という信太の狐のパロディと勉強になる話。
私は、小学生の頃からラジオの落語を聞いて身につけた知識は多い。
中入り後の「紙入れ」は、いわゆる艶笑落語。でも全然嫌味はなかった。桂三歩さんのサービス精神丸出しの演技のおかげかも。
トリの扇平さんの「くっしゃみ講釈」も勉強になる講釈。いやー、セリフを紙に書いてもあれだけよどみなく講釈できないなあ。

五人の噺家さんの六つの話を聞いて得した気分。
本当に得したのは、一番最初にアップしてある写真。この日のプログラム。

右と左と内容は同じだが少し違う。右は赤が笑の1字だけ。これが大多数の人が持っていたプログラム。私の持っていたのは左の赤が四文字のプログラム。200枚に4枚だけという当たりクジ。

IMG_20140523_0002

なんと、
8月16日の「けったい落語」のペアのご招待券があたった!

今日は妻の誕生日だっただけに、ビックなサプライズとなった。

へーっ、こんなこともあるんですね。

さすが、天満天神繁昌亭。

「宝くじにあたるのが、遠のいたたあ・・・」とぼやきながら、でも笑顔いっぱいでこの「ご招待券」をうけとりました。
ありがとうございます。

 

ごまやんカフェ がない・・・

IMG_9246

久しぶりに「ごまやんカフェ」によってみようと、今回は時間にゆとりを持って繁昌亭に来てみたが、なんと「ごまやんカフェ」がない。紀州の梅の専門店に変わっている。

中に入ってお店の人に聞いてみると、この春から和田萬の本店に戻ったという説明。 ペンションリーの看板もないので、2階からのペンションのことも聞いたが、「やっていないようです」という曖昧な返事。エレベーター前に机が置いてあるから、ペンションの営業もしていないようだ。 インターネットではいくつかのブログでこのカフェを紹介しているが、ある1月のブログの記事で1月末で閉店という内容のものがあった。

http://ameblo.jp/yumi-yummy0621/entry-11753935477.html

しらなかったなあ。
ウェブにはまだ「ペンションリー」のホームページがある。どこかでお店を再開されるのだろうか。あの元気なご主人はどうされているのかなあ。
ちよっとセンチメンタルな気分になった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です