京都四條南座舞台体験

IMG_8976
IMG_8978南座の舞台に上がれるという、「春の特別舞台体験」があるというので申し込んだ。
もらったパンフレットにこのように書かれていた。
「南座は元和年間(1615〜1623)に江戸・大阪に先駆けて官許された京・四條河原の七つの櫓(やぐら・芝居小屋)の歴史と伝統を受け継ぎ、悠久四百年の長きに亘る今日まで発祥の地で歌舞伎を上演し続ける唯一の劇場です。
昭和4年(1929)に竣工した現在の南座は、桃山時代の様式を加味した破風造りの正面に、官許の証としての由緒ある櫓(やぐら)をそなえた劇場建築で、激動の昭和を経た平成3年(1991)には内部の大改築により、近代的機構を備え、歌舞伎を始めとする多彩な舞台芸術を年間を通して上演する京都の文化発信拠点の一つです。
平成8年(1996)には、京都の景観に溶け込んだ歴史的建造物として、我が国の「登録有形文化財」に登録されました。」とある素晴らしいもの。ここを体験できるなんて滅多のことではないと、思った。

IMG_8974櫓(やぐら)というのは、江戸時代にお上から興行を許された劇場のみに掲げられることができるもの。櫓の左右に立っている白い御幣(ごへい)は梵天(ぼんてん)と呼ばれているもので神様が降臨するための依代(よりしろ)。この梵天は八百万(やおよろず)の神をかたどって800枚の美濃紙でできているそうだ。
「花道(はなみち)」「迫り(せり)」「廻り舞台(まわりぶたい)」を体験できる約30分の劇場体験プログラム、ということで、4月24日(木)〜29日(火)の期間に一日8回の公開を行っていた。舞台体験だけでなく、資料展示の駕籠や船も楽しめるというお得なものだった。

IMG_9020IMG_9025
花道を歩けて、舞台に立てるなんて! 参加している人も少し興奮気味。へーっ、客席ってこんなふうに見えるんだ。

IMG_9054

IMG_9048IMG_9055

おーっ、「迫り」ってこんなに高い(低い)のか〜。下から舞台に上がってくる感覚はたまらないなあ。役者さんの気持ちがわかった気になる。

IMG_9031

IMG_9066

左の写真は周り舞台の継ぎ目。一周してもどるとピタリのもとの場所に。木の目がそろっている。右の写真は舞台緞帳のうら。やっぱり「火の用心」が大事ですね。

IMG_8990 IMG_9002ここは劇場内ある展示室。
歌舞伎で使われている船や馬などが体験できる。
小道具の「雨の音を出すうちわ」「波の音を出す小豆のはいった容器」「風の音を出す装置」などが実際に手にして楽しめるところだった。外国からのお客さん、子ども連れ、夫婦連れ、いろんな人達が楽しそうにしていた。

格式高い舞台で、顔見世でお馴染みの南座が、ちょっと身近に感じることができる体験だった。

昨年は秋の舞台体験もあったそうだ。
写真も取り放題だし、併設されている展示室も利用できるこの「南座春の舞台体験」は1回1000円。私にとっては、とてもお得に感じたプログラムだった。

さて、せっかく京都に来たのだから、もう少し楽しもう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です