日本玩具博物館

mg_7796ここは兵庫県にある「日本玩具博物館」。
国内6万点、世界150カ国3万点の玩具が展示されている、個人が設立した博物館。
姫路から播但線に乗り換えて約15分。香呂駅から徒歩15分ぐらいの川沿いの静かな場所にある。白壁土蔵づくりの6棟の建物と、民芸調の落ち着いた雰囲気が心を和ませてくれる。
img_81921常設展には、「近代玩具」「自然素材玩具」「節句の人形」「ちりめん細工」「日本の郷土玩具」「世界の玩具」があった。
開館40周年記念・春の特別展として「雛まつり〜江戸の雛・京阪の雛〜」。
春の企画展として「ちりめん細工とつるし飾り」がおこなわれていた。

入館料はおとな500円。
詳しくはホームページを。http://www.japan-toy-museum.org/
さていったいどうして日本玩具博物館に行こうと思ったのか。
それは以前紹介した、帝国書院の「階ーきざはし」による。

「わたしの一里塚」という欄の井上重義館長の記事が目を引いたからだ。

img_20140324_0001img_20140325_0001

私立ということに惹かれたし、世界のおもちゃも見てみたいし、ちりめん細工にも興味がわいた。妻に体験があるからいってみようとさそってもうしこんでみた。行ってみて、私立といいながら立派な建物にびっくり。中には懐かしい玩具がならんでいた。館長の玩具への情熱を感じる。

mg_77941mg_7793

mg_7586

mg_75961

実際iにこのようにして飾られていたのだろう、古民家のお雛様。その横には、写真では見たことのある、確か小黒三郎さんの組み木のお雛様。
実物を見るのははじめてだった。

mg_7634

mg_7624

行ったこともない国々のおもちゃが展示されている。
左はスリランカ民主社会主義共和国、右はメキシコ合衆国のおもちゃ。
他にも、おとなりの韓国・中国はもとより、ネパール王国、ベトナム社会主義共和国、グァテマラ共和国、エクアドル共和国、チリ共和国、ペルー共和国、フィジー共和国、ポルトガル共和国、イタリア共和国などなどの国々の玩具が並ぶ。こんなに正式名でかかれた国名をみたのもはじめて。世界150カ国の玩具があるという。見応えがある展示だった。

mg_7719mg_7761

井上館長の文章に書かれていた「ちりめん細工と飾り物」
確かに残していかなくてはいけない伝統手芸だと思う。ホームページによると、この「ちりめん細工」という言葉は、井上重義館長の作ったものとか。材料のちりめんの復興にも井上重義さんは力を尽くされたそうだ。現在ではカルチャーセンターでも、ちりめん細工の講座が開かれるようになった。
天王寺のABCクラフトでもちりめん細工のコーナーが設置されている(3月現在)。
井上重義さんがいなければ、現在のような「ちりめん細工」の復興はなかっただろうし、次世代に残したい大切な文化も忘れ去られたかもしれない。
一人の思いが静に広がっていき、現在至った実例だと思う。

img_8224これは妻が「ちりめん細工の体験講座」で作った「ひさご袋」。大きさはiPhoneぐらい。生まれて初めてにしては上手?と自画自賛。20人ぐらいの人が集まっていて、先生がお一人だったので教えてもらうのに並んだ、と言っていた。年配の人が多かったそうだが、指は第二の脳といわれて、針仕事や編み物は脳の活性化にはいいらしい、という話は昔から聞いていたので、さもありなんと一人で納得する。

 

mg_7709

mg_7708

静かなたたずまいで、白い壁と緑の草木がタイムトンネルのように懐かしい時代に運んでくれるようだ。親子連れ、おじいさんやおばあさんが娘や息子、そして孫をつれての見学者が多かった。木のおもちゃで遊んだり、昔の話をしたり、そこかしこで世代を超えて話が弾んでいた。

玩具が人間の成長に、子どもの成長に大切なこと、それが世界のどこの国でも大切にされてきたことが実感できる時間だった。
このような博物館が個人の努力で活動していることに驚くとともに、支え続けてこられた人々が多くいることにも感慨深くなる。
効率ばかりが重視され、短期的な成果が見られないと予算削減という時代に、この日本玩具博物館が存続する意味は大いにあると思った。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です