ふるさと銀河線

IMG_20131220_0001高田郁さんの新しい本を読んだ。
それが「ふるさと銀河線 軌道春秋」(双葉文庫)だ。
高田郁さんは、「みをつくし料理帖」でブレイクする前は漫画原作者として活躍されていた。この本はその当時の作品「軌道春秋」という短篇連作を小説化したものである。
小説の内容を宣伝パンフから紹介する。

〜ふるさとへの愛と、夢への思いの間で揺れ動く心を追った表題作をはじめ、遠い遠い先にある幸福を信じ、苦難の中で真の生き方を追い求める人々の姿を、美しい列車の風景を織り込みながら描いた感動的な9編を収録。

 

「お弁当ふたつ」
・・・リストラを隠し、出勤するふりをする夫。それを知った妻は夫の後をつける ことにー

「車窓家族」
・・・停まった電車から見える、ある老夫婦の暮らしを覗いてしまう乗客たち

「ムシヤシナイ」
・・・大阪で駅そばを営む路男のもとに東京にいるはずの孫があらわれてー

「ふるさと銀河線」
・・・夢を追うか、ふるさとに留まるか、少女は手にした切符をー

「返信」
・・・亡くした息子の旅路をたどる、親ふたり

「雨を聴く午後」
・・・みじめな今に疲れている忠は学生時代のアパートに忍び込み・・・

「あなたへの伝言」
・・・アルコール依存症に苦しむ女と、電車から窓越しに見守るその夫

「晩夏光」・・・「私も姑のようになってしまうのー?」アルツハイマーの恐怖がなつ乃にも忍び寄る。

「幸福が遠すぎたら」・・・仕事、母親、重責から逃れたい桜のもとにかつての友から手紙が来る。〜

それぞれが独立した話でありながら、その背景が重なっている話もあって世界が深まってくる。
本の題名になっている「ふるさと銀河線」は北海道が舞台。しかも陸別、あの「あいー永遠に在り」の陸別だ。
へーっ、こんなふうに話がつながっているのか、人物のつながりだけでなく、場所・地名でつながる話もあるんだなあ、と一人で感心。
リストラ、高齢化、子育て、アルコール依存症、アルツハイマー、不況・・・辛い話がバックにある、でもそんな現代に、つまづきながらも前を向いて生きる人々を温かく描いている。
高田郁さんはあとがきでこんなふうに書いている。
「・・・生きにくい時代です。辛いこと悲しいことが多く、幸福は遠すぎて、明日に希望を見いだすことも難しいかも知れない。それでも、遠い遠い先にある幸福を信じていたいーそんな想いを、本編の登場人物に託しました。
今を生きるあなたにとって、この本が少しでも慰めになれば、と願います。
あなたの明日に、優しい風が吹きますように」

IMG_20131224_0001こちらはコミック版「ふるさと銀河線 軌道春秋」(作画 深沢かすみ 双葉社)。
小説が発売されてからしばらくして、このコミック版が発売された。私は予約注文をして発売と同時に読んだ。もともと集英社のYOUというコミック誌に連載されたものの中から、小説「ふるさと銀河線 軌道春秋」に重なるものを集めて一冊にしたもののように思える。
映画の場合は原作とくらべて「原作の味が損なわれた」、という話はよく聞くが、この二つの「ふるさと銀河線 軌道春秋」はそんな心配はない。
なるほどこんなふうに絵になるのか、と思いながらコミックを読んだ。原作が緻密な取材によるものなので、絵もそれを反映してか丁寧で、細かに描かれている。
このコミックには小説版にない話が一つある。
「ひとり咲き」である。
今度は反対に、高田郁さんの原作だが小説にするために筆をとるとどう書き表されるのかなあ、と思ってしまう。
YOUに連載されたものが、コミック本として完全復活し、原作もすべてが小説になってほしいと思う。

この二冊の本を読んだ影響で、DVDを一つ借り、本を一冊買った。
幸福の黄色いハンカチそう、「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」である。
高倉健さんと倍賞千恵子さんがいい。もちろん桃井かおりさんも映画デビューの武田鉄矢さんもフレッシュでいいが、やっぱりこの映画は高倉健さんと倍賞千恵子さんだ。
以前に何回か見たが日本映画の名作だと思う。原作はアメリカだが、日本でしか撮れない映画だとも思う。今回は映画に再び感動しながらも目的は「陸別」探し。関寛斎とつながる陸別を見たかった。
なるほどー。
高田郁さんの「ふるさと銀河線 軌道春秋」を読んだ後は、このDVD「幸福の黄色いハンカチ」をみることをおすすめする。
冬の陸別も魅力的だと思うが、私は夏の陸別に行ってみたい。満天の星空、そこにある「銀河の森天文台」に行ってみたいものだ。

IMG_20131225_0001買った本がこの詩集。
「寺山修司詩集」
私は詩集はめったに買うことがない。
でも今回は買うことに決めた。
小説では一番最後に、
コミック版では一番最初に取り上げている作品が
「幸福が遠すぎたら」。
舞台は2001年。
16年前に出した手紙、ポストカプセル郵便が届く。
16年前に21,22歳だった主人公たち3人の出会いが紡ぐ物語。
そこに登場するのが、寺山修司さんの詩。
1993年出版の「人生処方詩集」にのせられた詩らしく、タイトルは
「幸福が遠すぎたら」。
「人生処方詩集」が手に入らなかったので、この詩がのっているハルキ文庫「寺山修司詩集」を買った。
この詩を紹介して、2013年のブログおさめとする。

幸福が遠すぎたら
寺山修司
さよならだけが
人生ならば
また来る春は何だろう
はるかなはるなた地の果てに
咲いてる野の百合何だろう

さよならだけが
人生ならば
めぐりあう日は何だろう
やさしいやさしい夕焼けと
ふたりの愛は何だろう

さよならだけが
人生ならば
建てたわが家は何だろう
さみしいさみしい平原に
ともす灯りは何だろう

さよならだけが
人生ならば
人生なんか いりません

 

 

 

ふるさと銀河線” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です