三角点を探る旅 その 13

一等三角点(蘇鉄山)から二等三角点(天保山)まで歩く!

IMG_20131117_0003

図書館で左のような案内を見つけた。何々、蘇鉄山の一等三角点から天保山の二等三角点まで歩く?これはおもしろい。蘇鉄山の一等三角点は行ったけれど、天保山には何回も行ってるのに三角点を確認していなかった。いい機会だからと申し込む。日本最低山縦走とはおもしろい取り組み。大阪人の「いちびり精神」ではじまったとか。17日はいいお天気になった。

IMG_20131117_0007

IMG_5833IMG_5839

大浜公園の市民グランド、9時から開会のセレモニー。要項には1000人、と書いてあったが、うーん、1000人もいないなあ。でも、体育会系の人たちからかなりの年配の人、年齢差や性別も多様、小学生の子ども連れの家族や赤ちゃんおんぶした人もいて市民参加型だな。

IMG_5842IMG_5843

スタートは蘇鉄山の一等三角点。この三角点に目もくれずにさっさと行く人も多い。ここで主催者からの説明がほしかったな。

IMG_5848IMG_5850

IMG_5859宿院の交差点から北上。
大きな道路沿いにある「与謝野晶子の生家跡」の記念碑、ザビエル公園(きかんしゃトーマスのイベントがあった)を右左に見て綾ノ町交差点を通過。今通っているのが紀州街道。堺市のイベントもあちこちで行われている。他の歩く会の団体と遭遇。知り合いの顔を見てお互いにビックリ。

IMG_5863

大和川を渡り大阪市内に入る。
ここまで4880歩。安立商店街を真っ直ぐにぬける。
アーケードには「一寸法師ゆかりの町」の垂れ幕が。
ガイドブックによると江戸時代にはたくさんの針屋さんがあり、行商の時に一寸法師の鬼退治をキャッチフレーズに使ったことからだそうだ

 

IMG_5872IMG_5871

 つきました。第一のチェックポイントは住吉大社。

今日の住吉大社は七五三でいっぱい。あちこちで記念撮影が行われていた。
ここまで7890歩。
IMG_5875IMG_5876

住吉大社の境内を抜ける。見えてきたのは万代池公園。
歩いているのは熊野街道。
おなかがすいてきたので帝塚山のパン屋さんで美味しいパンを調達し、食べながら歩く。

IMG_5878ここは安倍晴明神社。
少し前にアベノハルカスが見えた。
安立商店街からここまで多くの神社があったのには驚いた。
どの神社も七五三の親子連れが目に入った。
さあ、松虫の交差点だ。

この交差点を左に曲がると聖天山だ。
ここまで11850歩。

IMG_5880聖天山は上町台地の南橋にある。吉田兼好の庵があったと伝えられている。坂道の階段には男坂と女坂があり、着物の女性が登りやすくなっているとか。でもこの階段はいつできたのかは不明。
岸里、天下茶屋界隈をぬける。
26号線を渡り、南海汐見橋線の高架の手前に「りくろーおじさん」の本店があることはあまり知られていないと思う。今日は日曜日なのに制服姿の小学生が見られる。いくつかの学校では日曜参観のようだ。

IMG_5882下町情緒たっぷりの西成のまちなかを抜けてやってきたのが千本松渡船の入り口。西成区と大正区の間を流れる木津川を渡る渡し船。大阪市内は現在8つの渡し船がある。北から「天保山渡船場」「甚平渡船場」「千歳渡船場」「落合上渡船場」「落合下渡船場」「千本松渡船」「船町渡船場」「木津川渡船場」。私もこんなにもあるとは知らなかった。どれも大阪市民の足として活躍している。この渡し船は大阪市営で無料。
数分の船旅を楽しむ。渡ったとこで17429歩。

IMG_5888

IMG_5893

やってきました。第二チェックポイントの鶴町南公園。20096歩。

ゴールまで普通なら30〜40分で到着ということらしいが、ここから最大の難関。「なみはや大橋」を歩いて渡る。

IMG_5895全長1740m、高さ45mの橋。
車で通ったことはあるが、まさか歩いて渡るとは想像してなかった。
サイクリングの団体が歩道を通る。
体力づくりかジョギングの人も。
360度大阪市内が見渡せる。公園では少年野球の試合も見られた。
こんな角度、位置からみる景色はめったにみられない。
ガイドブックによるとここからの大阪湾の夜景は絶景だとか。
阿倍野ハルカス、京セラドーム大阪、梅田の空中庭園、それから天保山の大観覧車も見える。

もうすぐだ。
IMG_5899IMG_5903

IMG_5907なみはや大橋を渡り切るとさすがに足が痛い。
築港中学校、築港小学校のそばを通る。
レンガ造りの倉庫がなんともおしゃれ。
中学校の横にある港住吉神社でも七五三らしい親子が見える。
さあ、いよいよ天保山。
案内の人が「この階段をのぼって右に行くと三角点があります」と言ってくれた。やっと三角点という言葉が出てきた。
三角柱のような大きなモニュメントがある。それがゴールの三角点と勘違いする人も。
違う、違う、三角点じゃありませんよ。
ここに説明する人がいたらなあ。

IMG_5915

そのモニュメントの右そばにあるのが二等三角点。国土地理院と書いた杭は白地に黒の文字でそんなに古そうには見えないが、金属の説明板は字が薄くなって全く読めない。これでは二等三角点がかわいそう。三角点自体はすっぽりと地面の中にあり、頭部の表面だけが出ていて、周りも石で敷き詰められている。
三角点を踏んづけて記念写真を撮っている人もいる。このWALKの意義は?と思ってしまう。
ここまで26576歩。時間は午後2時30分すぎ。9時半出発だから5時間で20㎞、ということは一時間で四キロ、昔風に言うと一里を一時間で歩いたわけだ。江戸時代の普通の速さかな?

IMG_5921IMG_5922

IMG_5923最後のチェックポイントへ向かう。
海遊館の入り口の前。多くの家族連れ、カップル、パフォーマンスの中に「日本最低山縦走大会」のノボリがあちこちにある。
ゴールで最後の検印を押してもらって完了。よくがんばった。
IMG_20131117_0006

 

自分へのご褒美としてフードコートのサーティワンで買ったダブルアイスクリームが620円もしたが、格別美味しかった!!
ポイントで道案内をしてくれた係の人たちに感謝。ごくろうさまでした。

IMG_20131117_0001

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です