十月花形歌舞伎 2

IMG_4871夜の部は、通し狂言「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわのかがみ)」。
団七九郎兵衛を片岡愛之助さん、その妻お梶を中村壱太郎(かずたろう)さん、一寸徳兵衛を中村亀鶴(きかく)さん、玉島磯之丞を坂東薪車(しんしゃ)さん、傾城琴浦(ことうら)を坂東新悟(しんご)さん、釣船三婦(つりふねさぶ)を昼の部で幻術士果心を演じた中村翫雀(かんじゃく)さんという顔ぶれ。

私はこの「夏祭浪花鑑」は、大阪城西の丸公園であった平成中村座(2010年)での公演で、中村勘九郎(当時)さんの団七九郎兵衛を見ている。この時、太田房江大阪府知事が観劇に来ていて、舞台中なのに勘九郎さんからの紹介があり、「大田知事が来ている」と会場は盛り上がった。私も一緒に知事に拍手を送った。
この時の演出はラストに舞台の後ろの壁がなくなるというサプライズがあった。

IMG_20131011_0002

この「夏祭浪花鑑」は1745年に大阪竹本座で人形浄瑠璃として初演されている。大阪が舞台で上演頻度が高い任侠物である。
番付の森西真弓さんの解説がおもしろい。

「熱気や活気を感じさせる『夏祭』と手本や模範を意味する『鑑』を『浪花』で結んだ勢いのあるタイトル。すなわち浪花の夏祭を背景に立派な大阪人を描いた、と言いたいところなのだが、実はこの芝居には『鑑』になろうとしながらも、途中で挫折してしまう男を主人公にしている」
「団七は恩人の息子を世話することで男を上げようとした。芝居を見ていただければ分かる通り、助けるに値する人物とは思えないのだが(玉島磯之丞ー坂東薪車)、この際、それは別問題で、受けた恩に報いる団七の行為にこそ意味があった。けれども、そこには苦難が伴い、ついには舅を手に掛けるという大罪まで犯すことになる。初めに記したように段七は『鑑』になることを目指しながら、却って罪人になってしまった」
「ではなぜ、団七はそこまでしたのか。武士でも裕福でもない一人の若者が他人から誉められるようになるには、自らの生き方を律し、人格者として呼ばれるしか方法がなかったからだ。大阪は商都であり、町人の街だったから、他のどこよりも人柄で信用や信頼を獲得しようとした」この解説をうなづきながら読んだ。

さて、団七といい昼の部の与兵衛といい、こんな役柄に愛之助さんはぴったりだ。眉を八の字にしがんばるのだが思うようにならない役、悲壮感を大阪弁が助ける。思わずハラハラしながら見てしまう団七愛之助。
舅の義平次を演じる嵐橘三郎(あらしきつさぶろう)さんが舅殺しの場面をひきしめる。中村亀鶴さんの一寸徳兵衛が団七の義兄弟の契りを貫き通す姿も緊張して見てしまう。
耳にかけた数珠を引きちぎり啖呵を切る釣船三婦を演じる翫雀さんは昼の部とは違った派手な立ち回り、離縁状を渡された団七の妻お梶の中村壱太郎さんの戸惑う姿がいじらしい。大詰の大屋根の場では派手な立ち回り。鳴り物の太鼓が鳴り、十手・はしご・六尺棒を持った捕手との歌舞伎ならではの大捕り物のオンパレード。
若い役者さんだから昼夜ぶっ通しでこんな派手な立ち回りができるのだろうと感心するばかり。
IMG_20131011_0001団七が花道を駆け去る姿を見送る徳兵衛、釣船三婦、お梶達の「俺も因果・・・・」が最後のセリフで幕。
昼と夜を『因果』でたばねる十月花形歌舞伎だった。

ところで番付の森西真弓さんによると、江戸時代の役者たちは演ずるに当たってその土地柄とそこで暮らす人々を分析したそうだ
それによると大阪は、「理非を正して男を立てる気持ち」「男を磨く気質」だったそうだ。さてさて、今の大阪は江戸時代の大阪とと比べてどうか?

そんなことを考えるにもいい歌舞伎だった。

 

 

 

 

 

 

 

十月花形歌舞伎 1

IMG_4860

松竹座での「十月花形歌舞伎」を見に行く。
今回は日を変えてだが、昼の部、夜の部を見ることができた。
どちらも大阪が舞台で、片岡愛之助さんが主演の、若手が多数出演したエネルギーあふれる舞台だった。

 

IMG_4869昼の部のメインは「新・油地獄 大坂純情伝(おおざかじゅんじょうでん)」
これは平成若衆歌舞伎(平成9年にスタートした「松竹・上方歌舞伎塾」の卒業生の一座)による平成15(2003)年にシアター・ドラマシティで初演された新作歌舞伎。片岡愛之助さんが油屋の息子河内屋与兵衛を演じている。
「油地獄」からわかるように、近松門左衛門作の「女殺油地獄」がモチーフになっている。そこに「ウエストサイド物語」と「ロメオとジュリエット」がミックスされている。
番付に片岡秀太郎さんが「・・・それというのも『ウエストサイドストーリー』、山本周五郎先生の『深川安楽亭』の世界と『油地獄』をどうしてもドッキングさせたかったのです。それと河内屋与兵衛を単なる悪人に、お吉を単なる被害者にしたくない人間の業のようなものを『哀しくも美しく』表現したかったのです」と書いている。

作・演出の岡本さとるさんは、「私は青春という不安定な時期をうまく乗り切れなかった若者の、不運と悲劇に尽きると思っています」と述べている。
ウエストサイド物語のジェット団とシャーク団のように腕を振り回しながら登場する天神組と雁金組、商家の息子と貧しいヤサグレの連中、中村亀鶴さん演ずる遊女小菊の兄である天神組の与五郎と油屋の息子与兵衛の対比も劇の深みを見せ、時代と社会は違っても普遍的に若者が持っている社会への不満と自分でも制御できないエネルギー、若者ゆえの恋人への使命感と実際には何もできない無力感、現代社会にも共通する姿がこの新作歌舞伎にあふれている。

IMG_4867舞台から飛び出して客席を駆けまわる演出は現代の若者の「歌舞伎は難しい」というイメージを突きくずす。
人形浄瑠璃で与兵衛とお吉の油まみれの殺しの場面を見た時は、そのリアルさに驚いたが、今回の歌舞伎でも迫力ある舞台に目を見張った。最近見た中村壱太郎さんと片岡愛之助さんの共演は春の「GOEMON 石川五右衛門」だが、よく息があっている。中村壱太郎さんのお吉は艶っぽさが出ていて見に来た甲斐があった。
楽しかったのは中村翫雀(なかむらかんじゃく)さんの幻術士果心。舞台の転換に「曽根崎心中」を演じている見世物小屋がつかわれている。その呼び込みのように現れては言う、「見ていかんか、この世の因果、この世の不思議」。夏の夜の回り灯篭のように繰り返し、この純情伝の世界に引き込んでいく。
製作者の意図はシェイクスピアのマクベスに登場する三人の魔女のイメージだとか。
私はこの歌舞伎を見たあと、DVDで「ウェストサイド物語」を見、図書館で山本周五郎の「深川安楽亭」とシェイクスピアの「マクベス」を借りてきて読んだ。世界と時代は違っても青春のきらめきと心の闇、人を動かす恋と愛は芸術として私達の心情をゆさぶる。名作と言われる文学やミュージカルがこの新作歌舞伎を創りだし、若手の歌舞伎役者が演じた舞台だと思った。

 

 

 

 

天然酵母でパン作り 2

ホシノ天然酵母でプチパンを作ろう

IMG_20131021_0007

今回は基本中の基本、プチパンづくり。
私が頼りにしている「夜仕込んで朝焼きたてを食べる おいしい天然酵母パン」(隈崎朋子著)」の一番最初に出てくるパンがこれ。
左の写真はこの本から取った。写真にはBASICと書いてあるが、さてこんなふうに美味しそうなパンが出来るのか。
挑戦してみよう。

IMG_4922
IMG_4925用意するものは、
ボウル大に強力粉150g、
ボウル小に強力粉100g、
塩4g、
砂糖10g、
計量カップに水138g+酵母12g

 

 

計量カップの中で水と酵母をよくまぜ、ボウル大に注ぎ入れて、へらなどで混ぜる。私はスプーンで混ぜたり、ご飯しゃもじで混ぜたりしてちよっといい加減。
しっかりと混ぜなくてよい。水と酵母と小麦粉が混ざり合ったらそれでいい。

IMG_4926
ボウル小に、あらかじめ用意した砂糖と塩を入れて軽く混ぜておく。
このボウルは、ボウル大の小麦粉を発酵させて中種ができた時にまぜるもの。
これが中種法である。
中種ができるまでこのボウル小はひっくり返したりしないように安全なところにおいておく。

中種を作る 3〜5時間

IMG_4928

ボウル大(生種と水、小麦粉をまぜたもの)にラップなどをかぶせ、温かい所に3〜5時間おいて発酵させる。
温度は20度〜30度のあいだ。夏では3時間、冬では5時間をめやすにようすを見る。
温かいところは、台所のコンロの近く、発泡スチロールの箱などに入れたり、コタツの隅に置くなど工夫する。 上の写真は6時間後のようす。少し大きくなり、表面に泡が出て、どろっとした感じ。そこにボウル小の小麦粉などの材料を入れる。
IMG_4936本「おいしい天然酵母パン」混ぜる方法を抜書きをすると、
◎中種のベタベタに、粉を押しつけるようにして合わせます。
◎中種のぶわぶわした感じがなくなり、粉がぱふぱふしなくなるまで、ドレッジを使います。いきなり手でこねはじめると、べたついてなかなか生地がまとまりません。
IMG_4939◎まだ粉が少し残っている状態でドレッジから手にかえ、ボウルの中でこぶしを押し付けるようにして軽くこね合わせる。
◎生地を台に取り出し、2〜3分こねる。
*手のひらの、手首に近い部分でこねるようにすると、べたつきません。
*生地をひきちぎると、中種でできたグルテンがこわれて生地が傷んでしまうので、体重をかけて押さえる、転がす、ぐらいの手加減で十分です。

 

IMG_4940

IMG_4942 
◎生地を二つ折りにしては上から押さえ、転がすことを繰り返す。なめらかさが出てきたらこねあがり。

IMG_4945IMG_4946

 

 

 

 

 

 

こねあがりの生地の表面は、つるつるにはなっていないが、耳たぶぐらいの柔らかさと弾力があればOK。ボウルに入れ、ラップをし冷蔵庫に6〜12時間置き、一次発酵させる。

冷蔵庫で一次発酵 6時間〜12時間

IMG_4950

IMG_4952

上の写真左が冷蔵庫の野菜入れの中で発酵させているところ。右が12時間後の様子。生地の大きさはそれほど大きくなっていないが、キメが細やかになってしなやかになっている。

IMG_4955

IMG_4957

 

冷蔵庫から取り出した生地を8等分する。切り口を内側になるように丸める。生地が冷たいうちに作業をする。

温かいところで二次発酵 40〜50分
IMG_4962IMG_4963

 

オープンシートを敷いた天板にならべ、温かいところ(20〜28度)に40〜50分おいて二次発酵させる。
左の写真はよく絞った布をかけておいたが、布が乾いて発酵を見るとき、布に生地にひっついてしまった。
布をかぶせなくてもよかったようだ。
IMG_4966IMG_4969

 生地に強力粉をふりかけ、はさみで生地を二つに切るような感じでクープを入れる。

クープは生地を半分に切ってしまうぐらいの意気込みではさみを入れる。

180度で15分

IMG_4975IMG_4976

表面に霧吹きをし、180度に予熱したオーブンに15分入れる。10分ぐらいから焼き上がりを見て判断する。

IMG_5007

はい、できあがり。
本の写真のようになりましたね。
お味のほうは?
冷蔵庫で発酵したパンはしっとりとしている。
甘みと香ばしさがある。
我が家の犬は、イーストのパンにはあまり関心を見せないが、このプチパンは喜んで食べる。
天然酵母の味がわかるのかな?