世界大恐竜展

ティラノサウルスには毛が生えていた?

IMG_4317

IMG_4323 京セラドーム大阪で開かれている「世界大恐竜展」が8月25日で終わるということなので見学に行く。アメリカ・モンタナ州で発見されたティラノサウルスの全身骨格が展示されているというので大変楽しみだった。
いやいや驚いたのは、ティラノサウルスには毛が生えていたかもしれない、ということで毛の生えたティラノサウルスが登場したこと。

羽毛恐竜ということはニュースで聞いていたが、最近はどうも多くの恐竜に毛が生えていたのかもしれないといわれてきている。鳥類の祖先が恐竜ということ(逆に言えば、恐竜の生き残りが鳥類ということ)もほぼ定説になってきたようだ。鳥の先祖だから羽毛があっても不思議ではないと言えば、あまりにも短絡的すぎるかもしれないが、羽毛のある恐竜の化石が、しかも大型の恐竜の化石にも羽毛があるものが発見されてきているのでますます確からしい。

これが羽毛恐竜の化石

羽毛恐竜1 これは1995年中国・遼寧省の下部白亜系熱河層群の化石密集層から見つかった羽毛恐竜の化石。今から1億2400万年前のものと言われている。大量の火山灰のおかげて羽毛も化石として保存されたらしい。それにしてもすごい化石だと思う。羽毛まで化石になるなんて想像もしたことがなかった。(この化石は展示されていません。)
IMG_4293IMG_4295

いろんな羽毛恐竜の模型と、実際の恐竜の骨の化石が展示されていて、触ることもできた。福井県の恐竜博物館のあの迫力には及ばないが、恐竜についての先端の知識に触れることは楽しかった。

恐竜展の楽しみはやっぱりこれ。大型恐竜の骨の展示。

IMG_4278

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です