水準点めぐり4

基本とかかれた一等水準点発見

IMG_2019

ここは、谷町1丁目にある合同庁舎3号館。3号館前の広場にある掲揚台の2本のポールの真ん中にあった。

合同庁舎3号館2IMG_2017

この測量標をには、「この測量標を移転 き損(虧損−かけて損なわれること)すると測量法により罰せられます」と書かれている。これは測量法22条を根拠にしている。現在の測量法では「何人も国土地理院の長の承諾を得ないで、基本測量の測量標を移転し、汚損し、その他効用を害する行為をしてはならない」と書かれている。

IMG_2018

谷町1丁目にまだありました、水準点。これは大阪市の一級水準点。歩道の植木の中にひっそりと。ただ蓋が閉まっているので、中の様子はわからなかった。

谷町1丁目水準点 振り返ってみると、大阪城天守閣裏にに二等三角点、少し離れるが銅座公園の電子基準点、そして府庁周辺に上町原標や国土地理院の一等水準点、大阪市の一級水準点がいくつもある。まだまだありそう。でもこれはどうして? 上町台地だから?
大阪城、NHK,大阪歴史博物館、府庁などに来た時には、これらの三角点や水準点を見るのにいい機会。是非自分の目で確かめておこう。
三角点、水準点をめぐるフィールドワークとして秋の紅葉時に散策してもいいなあ。
IMG_1956

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です