ロイヤル・クレッセント

イギリス時間5月18日
バースの近くにロイヤル・クレッセント(ROYAL CRESCENT)がある。

クレッセントというのは、三日月という意味とガイドさんからの説明があった。
18世紀の建築で、地上3階、地下1階。現在も住民が暮らしているので中には入れません。一部は博物館として一般公開されているとか。
この形式はロンドン市内でも多く見られた。
また、日本のなんと桜川の市営団地がクレッセント状の団地で有名なことが帰ってきてからわかった。(南海電車、汐見橋駅そばです)

写真は上から、ロイヤル・クレッセント、ロンドン市内、そして桜川の市営団地(これはネットからの写真 ALL−A blog 大阪ツアー2011.11 団地編#02参照)

IMG_0961 IMG_3654

shin-sakuragawa02
桜川にある団地は、当初からクレッセント状にすることを意図して設計したのではなく、そばの高速道路建設に合わせた結果このような形状になったという説がある。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です