コッツウォルズ

5月17日午後
コッツウォルズ地方へ。
2000年前にローマ人がイタリアの羊を持ってきて、イギリスの羊とで品種改良。
品種がよいので大いにもうけ、町が発展する。
産業革命時代、この地に石炭がとれないため、羊産業がすたれ、時代に取り残される。
それが現在に観光地として、再開発され、当時の貴族や地主の屋敷がホテルとして改造され、マナーハウスとして人気となっている。

イギリスの家の多くは石灰岩でできているとのこと。
その地方の石灰岩の色によって、赤色であったり、黄色になつたりして、町ごとに色合いに違いが出て、それは楽しい。
チェスターでは赤く、コッツウォルズ地方は黄色だった。

写真は上から、チェスター大聖堂。
コッツウォルズの(日本で言うと)長屋。
一番下は、コーヒーとスコーンを食べた喫茶店。

IMG_3507

IMG_3537IMG_3538

20130518-122337.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です