変換プラグで大慌て

イギリス用にと買ってきた変換プラグがあわずに大慌て。
最初のホテルでは上手くいったので安心していたら、2日目のホテルではあわなかった!
調べてみると、イギリスでは三口のプラグが一般的で、持っていった二口のプラグは少数派だった。添乗員さんに頼んで受付で聞いてもらったが、欲しい変換プラグは備えていなかった。
次のホテルにはあるだろうということであきらめる。
三日目のホテル、チェスターにあるダブルトゥリーではシェイビンク用として、110ボルトの二口プラグがあったので充電する。一安心。
このホテルには無料のWi-Fiがそのまま使えるのでこの記事が投稿できた。
イギリス時間。5月16日、午後10時35分。

IMG_3477IMG_3496

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です